全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ニュース一覧

長野日報社

御柱祭へ鹿皮の記念品開発 長野県富士見町のグループ

 手工芸品で長野県富士見町を元気にするグループ「すずらん娘町」は、来年の諏訪大社御柱祭に向けて、町内で捕獲されたニホンジカの皮を使った記念品を開発した。捕獲個体の命を無駄にしたくないとシカ肉の...

荘内日報社

ブルーインパルス庄内の空へ 庄内空港開港30周年祝う 遠渡隊長が凱旋飛行 医..

 ブルーインパルスが庄内上空を飛行―。庄内空港利用振興協議会(会長・皆川治鶴岡市長)は24日、航空自衛隊の精鋭パイロットからなるアクロバット飛行の専門チーム「ブルーインパルス」が10月23日(土)午後1時...

紀伊民報社

温泉の恵みに感謝 本宮大社で献湯祭

 和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社で25日、温泉という自然の恵みに感謝し、熊野本宮温泉郷の繁栄を祈願する「献湯祭」が営まれた。地元の温泉宿の関係者が、この日最初にくんだ一番湯を神前に供えた。 ...

地域紙「日刊とまこまい」見つかる 当時の暮らしぶり伝える貴重な史料

太平洋戦争終結から2年後の1947年9月~48年9月の1年間、週2回発行されていた地域紙「日刊とまこまい」がこのほど、苫小牧市拓勇東町6の野土谷末松さん(93)宅で見つかった。紙面は苫小牧市制施行...

「十勝型」探る体験ツアー「リゾベーション」 首都圏の大手企業社員ら参加

 「リゾベーション」という新たな滞在の形について、十勝での事業化の可能性を探る体験ツアーが24日から始まった。十勝・帯広リゾベーション協議会が主催、首都圏の大手企業で働く若手や中堅社員を中心に約4...

宇部日報社

完熟フレッシュが宇部ふるさと大使に

 「生まれてくる家間違えたー」のフレーズで知られる人気お笑いコンビ、完熟フレッシュが宇部ふるさと大使に就任した。宇部出身の池田57CRAZY(いけだごなくれーじー、本名・池田哲也)さん(46)と...

ISC 2銘柄 世界で最高賞 八重泉、優秀酒造所にも

 国際的な酒類品評会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)」の焼酎部門で、㈲八重泉酒造(座喜味盛行代表取締役社長)の泡盛2銘柄がトロフィー(最高賞)を受賞した。同コンペで「ショー...

北羽新報社

子どもたちの安全願い 藤里出身の兄弟 町にクマよけの鈴贈る

 能代山本をはじめ、県内でクマの出没がたびたび伝えられていることから、藤里町出身で首都圏に住む60代の兄弟が、古里の子どもたちがクマと不意に遭遇することで事故に遭わないようにと、クマよけ用の鈴...

長野日報社

霧ケ峰のニッコウキスゲ 種子持ち去り問題に 長野県諏訪市

長野県諏訪市にある霧ケ峰のシンボル、ニッコウキスゲの種子の持ち去りが問題となっている。インターネットでの転売も行われており、同種を守る人々が憤っている。霧ケ峰は八ケ岳中信高原国定公園に指定され...

荘内日報社

(山形県庄内浜) 日本海で漁師になろう! 10月9日オンラインセミナー 新規漁..

 庄内浜での新規漁業就労に関心を持つ人を対象にしたオンラインセミナー「山形県庄内浜 日本海で漁師になろう!」が10月9日(土)に実施される。首都圏から移住就労した人を含む先輩漁業者たちの話や、国内最高...

紀伊民報社

まちづくりで連携 白浜町とアドベンチャーワールド運営会社

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」を運営する会社「アワーズ」(大阪府松原市)と町は24日、持続可能な地域社会の実現を目指して連携するための協定を結んだ。  地域振興▽人材育成...

八王子市の給食にホッキカレー、姉妹都市を「食べて」支援

苫小牧市の姉妹都市・東京都八王子市で22日、苫小牧産ホッキ貝を使ったホッキカレーの学校給食がスタートした。29日までに全小中学校107校でホッキ約1・2トン、約3万8000食が提供される予定。食べ...

「サウナパス」熱気を今年も 9施設参加、1日発売 十勝

 十勝サウナ協議会(後藤陽介会長)は10月1日から、管内の施設を巡る「サウナパスポート」を販売する。本場フィンランド式の「ロウリュ」が楽しめる9施設の中から4施設を利用でき、1枚3000円。1人2...

宇部日報社

児童がカリフラワーなどで学校のキャラクター作り 山陽小野田

 高泊小(椿英一校長)の3年生38人は22日、山陽小野田市西高泊の畑(30アール)で「カリフラワーレインボーアート」の制作に取り組んだ。同校のマスコットキャラクター梅っ茶くんを5色のカリフラワー...

奄高生、大島紬着付けに挑戦  家政科3年の特別講座 奄美市名瀬

 鹿児島県奄美市名瀬の県立奄美高校(宇都尚美校長、生徒384人)で22日、本場奄美大島紬の着付け教室があった。礼儀作法などを学ぶ同校家政科特別講座の一環で、この日は3年生7人が受講。生徒たちは慣...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク