全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ごあいさつ

全国郷土紙連合会長
宇部日報社社長 脇 和也

 私ども全国郷土紙連合は、北は北海道、南は沖縄県まで日本新聞協会加盟の十二の新聞社で構成され、本ホームページは加盟各社の掲載記事をもとに運営しています。

 加盟各紙は常に地域に根差した報道活動を展開しています。住民の皆さんとの距離が最も近く、そこに住む人々の顔が見える地域密着型の新聞という個性を大切に、地元の信頼を糧に日々、紙面を編んでいます。

 そのようにして各紙が取り上げた記事はそれぞれの地域の特性をふんだんに盛り込んだ、いわば全国各地のふるさとを映し出す鏡のような役割を果たすものと考えております。

 一方で地方を取り巻く環境は少子高齢化、人口減少を背景に厳しさを増しており、まちづくりの在り方が従来に増して問われています。大切なのは足元を見据えながらも全国各地でどのような取り組みが行われているかを鳥観的な観点で掌握することではないでしょうか。そうしたことに当ホームページを役立てていただくことができれば幸甚です。今後も加盟各社のさらなる協力で内容の充実に努めてまいる所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク