全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ごあいさつ

全国郷土紙連合会長
宇部日報社社長 脇 和也

 私ども全国郷土紙連合は、北は北海道、南は沖縄県まで日本新聞協会加盟の十二の新聞社で構成され、本ホームページは加盟各社の掲載記事をもとに運営しています。

 加盟各紙は常に地域に根差した報道活動を展開しています。住民の皆さんとの距離が最も近く、そこに住む人々の顔が見える地域密着型の新聞という個性を大切に、地元の信頼を糧に日々、紙面を編んでいます。

 そのようにして各紙が取り上げた記事はそれぞれの地域の特性をふんだんに盛り込んだ、いわば全国各地のふるさとを映し出す鏡のような役割を果たすものと考えております。

 一方で地方を取り巻く環境は少子高齢化、人口減少を背景に厳しさを増しており、まちづくりの在り方が従来に増して問われています。大切なのは足元を見据えながらも全国各地でどのような取り組みが行われているかを鳥観的な観点で掌握することではないでしょうか。そうしたことに当ホームページを役立てていただくことができれば幸甚です。今後も加盟各社のさらなる協力で内容の充実に努めてまいる所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

長野日報社

「駒ケ岳ロープウェイ」予約システム実証実験 コロナ対策「満足」6割 

 駒ケ根市、飯島町、中川村、宮田村の伊南地域の住民を無料モニターにした「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」の予約システム実証実験が13日、全日程を終了した。事前にオンラインで予約した127人が、定...

紀伊民報社

大たいまつは中止 那智の扇祭り大幅縮小

 和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)で14日、例大祭「那智の扇祭り」(重要無形民俗文化財)があった。例年なら、多くの観客でにぎわう大たいまつによる勇壮な「御火(おひ)行事」を...

荘内日報社

「出掛けたいが、遠出はちょっと…」 地元の宿で“身近な非日常”を

 鶴岡市のDEGAM(デガム)鶴岡ツーリズムビューロー(理事長・皆川治市長)と鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)は、地元の宿を応援する共同企画「つる宿」を実施している。市民・県民限定で市内の温泉旅館・...

JAXAが大気球実験 予定高度に届かず 大樹で今年度初

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日早朝、町内の町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場で、気球内の気圧を高く保つスーパープレッシャー(SP)気球を放球した。上昇速度が上がらず、予定してい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク