全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ごあいさつ

全国郷土紙連合会長
宇部日報社社長 脇 和也

 私ども全国郷土紙連合は、北は北海道、南は沖縄県まで日本新聞協会加盟の十二の新聞社で構成され、本ホームページは加盟各社の掲載記事をもとに運営しています。

 加盟各紙は常に地域に根差した報道活動を展開しています。住民の皆さんとの距離が最も近く、そこに住む人々の顔が見える地域密着型の新聞という個性を大切に、地元の信頼を糧に日々、紙面を編んでいます。

 そのようにして各紙が取り上げた記事はそれぞれの地域の特性をふんだんに盛り込んだ、いわば全国各地のふるさとを映し出す鏡のような役割を果たすものと考えております。

 一方で地方を取り巻く環境は少子高齢化、人口減少を背景に厳しさを増しており、まちづくりの在り方が従来に増して問われています。大切なのは足元を見据えながらも全国各地でどのような取り組みが行われているかを鳥観的な観点で掌握することではないでしょうか。そうしたことに当ホームページを役立てていただくことができれば幸甚です。今後も加盟各社のさらなる協力で内容の充実に努めてまいる所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

荘内日報社

酒田市で初開催 県の地域創生ミーティング

 県の「知事と若者の地域創生ミーティングin酒田」が4日夕、酒田市公益研修センターで開かれ、市内の10代から40代までの男女11人が吉村美栄子知事と車座になって、地域の活性化に向けた課題やアイデアなどを語...

紀伊民報社

スターチスの新品種開発

 和歌山県暖地園芸センター(御坊市)は、スターチスの県独自品種として淡い紫色の「紀州ファインライラック」と、淡い青紫色の「紀州ファインオーシャン」を開発した。いずれも加温しなくても、高い収量を確...

漁獲量は前年比5%増、金額は6年ぶり低水準 秋サケ定置網漁が終了-苫小牧..

 苫小牧漁業協同組合の秋サケ定置網漁は今季、漁獲は600・5トンで前年比5%(27・3トン)増だった。全道各地で不漁に見舞われる中、苫小牧も漁獲は思うような伸びではないものの微増を確保。一方で金...

髪 アートに変身 帯広の北村さんSNS話題

 切った髪の毛でキャラクターや有名人-。帯広市西12南28の美容室「RAGCIE(ラグシー)」の店長北村ひとみさん(30)の「髪の毛アート」が、SNS(インターネット交流サイト)アプリ「TikTo...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク