全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

十勝毎日新聞社〈北海道帯広市〉

 農業王国・北海道十勝地方をエリアとする地域紙。1919年に創刊し、現在約83,000部を発行。エリア内の55%を占める。メディアと観光の2軸が主力で、メディアではコミュニティーラジオ局「FM-JAGA」やケーブルテレビ局「OCTV帯広シティーケーブル」を所有する。他にも新聞業界の中でもいち早く有料電子版に着手し、現在、8,000件を超える加入数がある。
 観光事業では、食と観光を柱とし、温泉ホテルやシティーホテルのほか観光・ガーデン施設「十勝千年の森」を運営する。食事業では、地元食材を活用した十勝農園(帯広市)や十勝屋(東京都銀座)のほか、チーズケーキ工房「十勝トテッポ工房」などを運営する。

会社概要

関連リンク

地域について

 北海道の14総合振興局・振興局の中でも面積が10,831.24km²と一番広い十勝。人口は約35万人。1市16町2村で構成されています。昨年十勝支庁がまとめたカロリーベースの試算によると「十勝の食料自給率は約1,100%」。人口の11倍、約400万人の食を支えている計算になります。日本最大の食料基地として安心・安全・美味しい食材を提供する大きな役割が期待されています。日本百名山の著者深田久彌氏が「北海道らしい本当の風景は、道東、即ち狩勝峠から東にあるといわれている」(昭和47年発刊主婦と生活社「カラー旅 北海道」)と書かれていますが、今も広々とした雄大な大地、自然の大きさは、訪れる人に感動を与えるに違いありません。旅の魅力がいっぱいある北海道「とかち」を思いっきり楽しんでください。

写真ギャラリー

十勝毎日新聞社 関連記事

有機野菜ブランド化 期待 水耕栽培が本格化 鹿追

 2016年から稼働する町瓜幕バイオガスプラント(町瓜幕西30線)で、余熱を利用したビニールハウスが完成し、葉物野菜の有機水耕栽培が本格化している。収穫期を迎えた一部は、町内の学校給食に提供したり...

来春の朝ドラ「なつぞら」 十勝ロケ撮影快調

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(来年4~9月放送予定)の撮影が、管内で順調に進んでいる。19日午前には新得町で撮影風景が公開され、ヒロインの広瀬すずさんらが、大自然の中で伸び伸びと...

畜産女子NZへ 研修に十勝から高校生2人

 国際農業者交流協会が主催する「未来の畜産女子育成プロジェクト・ニュージーランド(NZ)酪農研修」に、十勝から2人の高校生が参加する。高橋六花さん(16)=士幌高アグリビジネス科2年=と江頭ひか...

ホコテン 華やか開幕 肌寒さ 熱気で吹き飛ばす 帯広

 13年目を迎える帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)が17日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午までの帯広の最高気温は12.3度と肌寒かったが、会場...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク