全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

十勝毎日新聞社〈北海道帯広市〉

 農業王国・北海道十勝地方をエリアとする地域紙。1919年に創刊し、2024年4月時点で約70,000部を発行する。エリア内の普及率は約41%。
 メディアと観光の2軸で、コミュニティーFM局「エフエムおびひろ」(JAGA)や、ケーブルテレビ局「帯広シティーケーブル」(OCTV)を抱える。また、新聞業界でいち早く有料電子版に着手し、2010年に開設した。加入数は約11,000件。
 地域振興が目的の観光事業では、十勝管内で「森のスパリゾート 北海道ホテル」、「十勝川温泉 第一ホテル 豊洲亭・豆陽亭」「三余庵」の他、観光ガーデン「十勝千年の森」、チーズ工房「キサラファーム」、チーズケーキを看板商品とした菓子店「十勝トテッポ工房」などを運営する。

会社概要

関連リンク

地域について

 北海道の14総合振興局・振興局でも1,083,162km²と最も広い十勝。19市町村で構成され、約33万人が暮らします。道内唯一の民間による開拓の地であり、農業地帯として発展してきました。現在は日本最大の食料基地で、小麦や馬鈴薯、豆類、砂糖の原料・てんさい(ビート)の作付面積は全国一。牛の飼育頭数は人口より多い1.4倍です。2026年のJA取扱高4100億円を目標に、発展を続けています。
 農業以外の観光資源も豊富です。2024年夏に国立公園化する日高山脈に抱かれ、北は大雪山国立公園、東は阿寒摩周国立公園に接します。夏と冬の気温差は50℃以上。季節に応じた美しい自然風景が魅力です。各町の個性的な取り組みも活発で、特に30年以上前から続く大樹町の宇宙のまちづくりは、十勝全体の新たな活力に繋がっています。

写真ギャラリー

十勝毎日新聞社 関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

旧坂本ビル 厳選の道具・衣装を寄贈 ルスツ手品博物館 13日開館

 2022年10月末に閉館した帯広市のマジック専門博物館「マジック・ミュージアム」が、後志管内留寿都村のルスツリゾートのホテル内で13日、再び幕を開ける。館長だった坂本和昭さん(66)が寄贈した収...

永原選手へエール続々 五輪活躍願い芽室に応援ブース3カ所

 パリ五輪のバドミントン競技(28日~8月5日)に女子ダブルスで出場する永原和可那選手(28)の応援ブースが、地元の芽室町内に3カ所設置された。いよいよ始まる永原選手の活躍を願い、町民たちがさまざ...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク