全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

十勝毎日新聞社〈北海道帯広市〉

 農業王国・北海道十勝地方をエリアとする地域紙。1919年に創刊し、現在約83,000部を発行。エリア内の55%を占める。メディアと観光の2軸が主力で、メディアではコミュニティーラジオ局「FM-JAGA」やケーブルテレビ局「OCTV帯広シティーケーブル」を所有する。他にも新聞業界の中でもいち早く有料電子版に着手し、現在、8,000件を超える加入数がある。
 観光事業では、食と観光を柱とし、温泉ホテルやシティーホテルのほか観光・ガーデン施設「十勝千年の森」を運営する。食事業では、地元食材を活用した十勝農園(帯広市)や十勝屋(東京都銀座)のほか、チーズケーキ工房「十勝トテッポ工房」などを運営する。

会社概要

関連リンク

地域について

 北海道の14総合振興局・振興局の中でも面積が10,831.24km²と一番広い十勝。人口は約35万人。1市16町2村で構成されています。昨年十勝支庁がまとめたカロリーベースの試算によると「十勝の食料自給率は約1,100%」。人口の11倍、約400万人の食を支えている計算になります。日本最大の食料基地として安心・安全・美味しい食材を提供する大きな役割が期待されています。日本百名山の著者深田久彌氏が「北海道らしい本当の風景は、道東、即ち狩勝峠から東にあるといわれている」(昭和47年発刊主婦と生活社「カラー旅 北海道」)と書かれていますが、今も広々とした雄大な大地、自然の大きさは、訪れる人に感動を与えるに違いありません。旅の魅力がいっぱいある北海道「とかち」を思いっきり楽しんでください。

写真ギャラリー

十勝毎日新聞社 関連記事

ますや食育かるた完成 読み札アイデア公募1年がかり 帯広

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、オリジナルの食育かるたを完成させた。消費者から読み札となる言葉のアイデアを50音順に募り、1年以上をかけて制作を進めてきた。同社の天方慎治・地産地消部長は「...

寒晒し そばに風味 新得物産で仕込み作業

 新得物産(合田一昭社長)の直営店「新得そばの館」(新得町基線104)で、「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業が進んでいる。23日から3月31日まで同店で、1日20食限定で提供する。  寒...

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒...

沖縄から「寒緋桜」 帯広空港

 厳寒の十勝に一足早い春が訪れた-。とかち帯広空港の日本航空(JAL)1階チェックインカウンター近くに18日、沖縄県本部町の桜が飾られ、利用客らの目を楽しませている。  JALグループは本部...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク