全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝毎日新聞社の記事一覧

土俵出現 18日に十勝帯広場所

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...

親子記者事業で長崎市訪問 「悲しい戦争二度と」 帯広

 日本非核宣言自治体協議会主催の「親子記者事業」に、帯広から稲田小4年の杉原編(あむ)さん(9)と母輝美さん(44)が参加し、7~11日に長崎市を訪問した。帯広からの参加は2011年度以来。2人は...

故郷に「またね」 お盆Uターンラッシュ 十勝

 お盆休みを十勝で過ごした人のUターンラッシュが始まった。15日は各交通機関が上り線を中心に混雑した。  空の便は15日午後の東京行きを中心にほぼ満席。とかち帯広空港では朝から、親戚や友人と...

おびひろ平原まつり開幕 夢バルーン今年も

 帯広の短い夏を熱気で包む「第71回おびひろ平原まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が14日午後0時半に開幕した。16日までの3日間、帯広市内の平原通(西2南7~11)や広小路、駅北多目的広場...

「元気だよ」先祖に報告 十勝

 盆の入りの13日、十勝管内の霊園では先祖を供養しようと、多くの家族連れらが墓参りする姿が見られた。時折晴れ間がのぞく穏やかな天気の下、線香を手向けて墓前に立ち、静かに手を合わせていた。  ...

今年も「ひまわり」 「迷路」から「農園」…姿変え 本別

 JA本別町職員有志の会による体験型収穫祭「ひまわり農園」が11日、町西勇足196ノ5で始まった。12日まで。  昨年まで「ひまわり迷路」を運営していた町内の故背戸田利光さんの思いを継ぎ、形...

再会に笑顔 お盆の帰省ラッシュピーク 十勝

 お盆を十勝で過ごす人たちの帰省ラッシュがピークを迎えている。札幌からのJRや都市間バス、東京-帯広間の空の便は朝から満席の便が多くなっており、JR帯広駅でも久々の再会に笑顔を見せる家族らの姿...

重文遺跡11日から特別展 帯広百年記念館

 帯広市が所有し、近く国の重要文化財(重文)に指定される「八千代A遺跡」の特別企画展「八千代A遺跡とその時代~縄文らしさの始まり~」が11日から、帯広百年記念館2階特別展示室で開かれる。出土した...

宇宙担当相、IST視察 「ベンチャーにも支援」 大樹

 宇宙政策を担当する松山政司内閣府特命担当相が8日、町内のロケット開発ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)を視察した。松山担当相は「政府としてもできる限りの支援をし...

移動式ビアガーデン開店 新得の松永さん夫妻 道内初

 6年前に千葉県から移住した町上佐幌在住の松永正宗さん(39)、尚子(しょうこ)さん(29)夫妻が、キッチンカーで十勝をはじめ道産の樽(たる)生クラフトビールなどを出張・販売する事業を始めた。車両...

「立秋」に涼風 帯広17.9度

 暦の上で秋が始まるとされる「立秋」の7日、雲が広がった十勝地方は気温が上がらず、過ぎゆく夏の雰囲気が漂った。正午の帯広の気温は、平年より6.4度低い17.9度。  朝の最低気温は各地で平年...

母の被爆体験を後世へ 帯広の土谷さん語り継ぐ

 帯広市の土谷節子さん(65)は、広島で被爆し2015年に88歳で死去した母佐藤弘惠さんの被爆体験を語り継いでいる。昨年設立した被爆者の子どもたちでつくる「被爆二世プラスの会北海道」に参加して活...

慶大野球部が合宿開始 十勝初 幕別

 慶応義塾体育会野球部(慶応大学野球部)が4日に来町し、夏季合宿をスタートさせた。十勝での合宿は初めて。幕別運動公園野球場を拠点に練習に汗を流している。滞在は11日まで。  町は今年度からス...

まちなか 祭り到来 帯広・広小路で「七夕」開幕

 帯広の夏に華を添える「第64回おびひろ広小路七夕まつり」(帯広広小路商店街振興組合主催)が4日、開幕した。広小路ではアーケードにつるされた七夕飾りや歩道に並んだ人気キャラクターの置き飾りが...

帯大谷高C最優秀賞 とかちスイーツコンテスト

 十勝産の食材を使った今年度の「とかちスイーツコンテスト」(帯広市主催)の最終審査が2日、とかちプラザで行われ、帯広大谷高校Cチームの「ベジタブルマフィンinチーズ」が最優秀賞に選ばれた。同チー...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク