全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ニュース一覧

ハートロック周辺、路駐多発  龍郷町赤尾木  駐車場の整備望む声

 鹿児島県龍郷町(奄美大島)を代表する観光スポット「ハートロック」(同町赤尾木)の周辺道路で、観光客らの路上駐車が問題になっている。道路は地元住民がう回路として活用しているため交通量も多く、時間...

北羽新報社

地域自慢の舞勇壮に 能代市で伝統芸能フェスティバル

 能代市文化会館が主催する「市伝統芸能フェスティバル」は12日、同会館大ホールで開かれた。市内の7保存会が出演し、ささらや番楽を披露、訪れた人たちを楽しませた。  同フェスは同会館が一般財団法人地域...

眠っていた反物 変身 ミンサーウエアに みね屋工房、アップサイクル

 ミンサー織りの製品などを販売しているみね屋工房(高嶺幸子代表取締役)は30年以上たんすの中に眠っていた反物をアップサイクルしたミンサーウエアを製作した。依頼者の外間義博さん(63)、博貴さん(29...

長野日報社

地元発の酒づくり 3年目の酒米収穫 長野県伊那市の横山維者舎

伊那市横山の住民グループ「横山維者舎」は12日、酒米「美山錦」の収穫作業を地区内の水田で行った。酒米栽培を通じ、地元の豊かな自然や人情をPRしようと清酒「信濃錦」蔵元の宮島酒店(同市荒井)と手を...

荘内日報社

鶴岡高専新たな「学習・交流ラウンジ」整備 学生が知的なワクワク感覚える場 ..

 鶴岡市の鶴岡工業高等専門学校(森政之校長)に、新たな「学習・交流ラウンジ」が整備された。今春に赴任し「世界水準の学習環境の構築」を基本方針の一つに掲げる森校長が自ら設計したもので、学生や教職員、...

紀伊民報社

温州ミカン収穫始まる

 紀南地方で、温州ミカンの極早生品種の収穫が始まった。JA紀南によると、8月に雨が多かったが、減酸し、糖度も心配したほど下がっておらず、品質は良い感じに仕上がっているという。11月ごろからは早生...

引退競走馬を支援 慈善オークションオンラインで初開催

苫小牧市美沢のノーザンホースパークは14~20日、チャリティーオークションを初めてオンラインで開催する。新型コロナウイルス感染拡大による苦肉の策だが、中央競馬の一流騎手らが出品するグッズとあり、同...

小森さん(大樹出身)米で写真2位 歳を重ねることへの尊厳、挑戦と喜びを表現

 大樹町出身の写真家小森学さん(46)=札幌市=の作品が、米国で行われた写真コンテスト「エイジング・アズ・アート」のプロフェッショナル部門で2位に入賞した。現地の美術館などでの展示も決まってお...

宇部日報社

キッズラップが初のイベント 子どもらコックピット体験

 宇部市新天町2丁目のキッズラップ「子ども第三の居場所」山口宇部拠点の第1回イベント「UPR&JALコラボ 段ボールコックピット&折り紙ヒコーキ教室」が11日、同施設であった。親子連れ9人が多彩...

キジバトが民家庭木に営巣 龍郷町浦 人も環境も良く再び

 鹿児島県龍郷町浦(奄美大島)の農業重原義和さん(77)宅の庭で、リュウキュウキジバトが営巣している。親鳥が交代で巣の上に留まっていることから卵を温めているとみられ、重原さん家族はひなの誕生を心...

一村忌しめやかに ソテツの葉ささげ、冥福祈る 奄美市

 独自の画風で奄美を描いた孤高の日本画家・田中一村(1908~77年)をしのぶ「一村忌」が命日に当たる11日、鹿児島県奄美市名瀬有屋町の一村終焉(しゅうえん)家屋であった。地元有志ら7人が出席し...

応募590点を審査 とぅばらーま作詞 14日に結果発表

 2021年度とぅばらーま大会(同実行委員会主催)作詞の部の審査会(岡山稔審査委員長、5人)が11日午後、石垣市民会館中ホールで行われ、応募総数590点(406人)から入選作品を決めた。結果は14日に発表され...

長野日報社

土石流発生後初の週末 災害ボランティア続々 長野県茅野市

 長野県茅野市高部で土石流災害が発生してから初の週末を迎えた11日、多くのボランティアが被災した住宅などで泥出しなどの作業をした。市社会福祉協議会が運営する「災害ボランティアセンター」の活動には...

紀伊民報社

田辺市で事業者支援受け付け開始 問い合わせも相次ぐ

 和歌山県の田辺市は10日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した中小事業者を支援する「地域経済持続化支援金」の申請受け付けを始めた。初日は30件を受け付け。予約は6日から約70件、申請書...

荘内日報社

甘い香り ワイン仕込み始まる(鶴岡)「各家庭で地元産味わって」

 鶴岡市越中山のJA庄内たがわ「月山ワイン山ぶどう研究所」(成澤健所長)で11日、今季のワインの仕込みが始まり、スタッフが甘い香りに包まれながら、白ワイン用のブドウを破砕する作業に追われた。 ...

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク