全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

八重山毎日新聞社〈沖縄県石垣市〉

 1950年3月15日創刊。石垣島を中心とする八重山全域で圧倒的なシェアを占め、島の暮らしに欠かせない身近な情報を掲載し、回覧板的な紙面づくりが特徴。
 「視野は世界 視点は郷土」をモットーに有名無名にかかわらず、多くの住民の名前や写真を掲載。黒枠広告にいたっては、約98%が利用されている。
 本社は東京から約2,000km、沖縄本島から420km離れた八重山諸島の石垣島にあり、日本百景に選ばれた川平湾やイリオモテヤマネコで知られる西表島、集落が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている竹富島、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」でブレークした小浜島、南十字星が見える波照間島、晴れた日には台湾が見える与那国島などがある。
 2013年3月、南ぬ島石垣空港が開港。首都圏から中型機の乗り入れで観光入域客数は年々増え続けている。さらに大型クルーズ船の寄港により、海外からの観光客増加も重なり2017年12月末には135万人を突破する勢いで島内は賑わっている。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

八重山毎日新聞社 関連記事

「青春の花 心へ届け」 石垣第二中学校文化祭 学習や文化活動の成果披露

 石垣第二中学校(入嵩西義晴校長、486人)の3年に1度の文化祭「第22回二中祭」が18日午後、体育館で行われ、各クラスが日ごろの学習や文化活動の成果を保護者らに発表した。  「あふれる青春の花...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

「沖夢紫」や加工品PR 「いいイモの日」関連行事

 「いいイモの日」の11月16日、県内の甘しょ拠点産地6市町村で構成する県甘しょ生産振興協議会(会長・島尻勝広県農林水産部長)は、産地認定後初めて石垣市で関連行事を行った。関係団体が「沖夢紫」の焼...

無病息災願い獅子頭の舞い 与那国で伝統行事「シティ」

 【与那国】ドラや太鼓、笛の鳴り物を伴い獅子頭が厄払いのために島内を練り歩き、島内の魔物を島外へ追い払う伝統の行事「シティ」(節祭)が3日、行われた。  日没とともに獅子頭を先頭に、公民館役員...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク