全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

八重山毎日新聞社〈沖縄県石垣市〉

 1950年3月15日創刊。石垣島を中心とする八重山全域で圧倒的なシェアを占め、島の暮らしに欠かせない身近な情報を掲載し、回覧板的な紙面づくりが特徴。
 「視野は世界 視点は郷土」をモットーに有名無名にかかわらず、多くの住民の名前や写真を掲載。黒枠広告にいたっては、約98%が利用されている。
 本社は東京から約2,000km、沖縄本島から420km離れた八重山諸島の石垣島にあり、日本百景に選ばれた川平湾やイリオモテヤマネコで知られる西表島、集落が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている竹富島、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」でブレークした小浜島、南十字星が見える波照間島、晴れた日には台湾が見える与那国島などがある。
 2013年3月、南ぬ島石垣空港が開港。首都圏から中型機の乗り入れで観光入域客数は年々増え続けている。さらに大型クルーズ船の寄港により、海外からの観光客増加も重なり2017年12月末には135万人を突破する勢いで島内は賑わっている。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

八重山毎日新聞社 関連記事

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。  石垣...

田んぼで田植え体験 地域の農業を学ぶ

 白保小学校(仲皿利治校長、児童114人)の5年生20人は11日午前、白保登武野にある地域住民の多宇弘充さんの田んぼで田植えを体験した。  豊年祭で奉納される「稲の一生」は児童も一緒に行うが、実際に稲...

親子67人が座禅を体験 夏休み恒例行事で精神統一 表千家不白流県支部

 夏休みに親子で禅を体験してもらおうと、表千家不白流沖縄県支部八重山(亀川宗静代表)は12日夜、桃林寺で恒例の親子座禅会を開き、親子連れなど67人が座禅を組んで精神統一の世界を体験した。  15〜2...

中学生が八重山舞踊学ぶ 八重山民俗舞踊保存会

 八重山民俗舞踊保存会(赤山正子会長)の師範らが郡内の中学生へ八重山の踊りを教える「夏の挑戦・八重山の踊りワークショップ」(同保存会主催)が11日から2日間、石垣市健康福祉センター検診ホールで初め...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク