全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

八重山毎日新聞社〈沖縄県石垣市〉

 1950年3月15日創刊。石垣島を中心とする八重山全域で圧倒的なシェアを占め、島の暮らしに欠かせない身近な情報を掲載し、回覧板的な紙面づくりが特徴。
 「視野は世界 視点は郷土」をモットーに有名無名にかかわらず、多くの住民の名前や写真を掲載。黒枠広告にいたっては、約98%が利用されている。
 本社は東京から約2,000km、沖縄本島から420km離れた八重山諸島の石垣島にあり、日本百景に選ばれた川平湾やイリオモテヤマネコで知られる西表島、集落が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている竹富島、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」でブレークした小浜島、南十字星が見える波照間島、晴れた日には台湾が見える与那国島などがある。
 2013年3月、南ぬ島石垣空港が開港。首都圏から中型機の乗り入れで観光入域客数は年々増え続けている。さらに大型クルーズ船の寄港により、海外からの観光客増加も重なり2017年12月末には135万人を突破する勢いで島内は賑わっている。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

八重山毎日新聞社 関連記事

2年ぶり産業まつり 地区商工会協 来月5・6日、22店舗出店

 2021年度八重山の産業まつり(主催・八重山地区商工会広域連携協議会)が2月5、6日、マックスバリュやいま店駐車場で開催される。3市町などから22店舗が出店予定。昨年度は新型コロナウイルス禍で中止とな...

給食で地産地消 地元食材活用した献立 石垣市内小中学校

 石垣市内の小中学校で、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金事業を活用した学校給食が市学校給食センターから提供されている。  24日から始まった給食週間中の27日は地元農畜水産物を活用...

野鳥通し自然知って 大本小児童ら観察、保護活動も

 大本小学校(金城一石校長、児童5人)の児童らが26日、同校前の県道で今年度最後となる「野鳥を守ろうアピール活動」を行った。カンムリワシなどが描かれた自作のメッセージボードを掲げて「おはようござい...

ヤツガシラ、渡り途中で羽休め 石垣市崎枝

 大きな冠羽が特徴的なヤツガシラの飛来が24日、石垣市崎枝地区で確認された。  歩道を歩きながら植え込みに長いくちばしを差し込み、土中に潜む小さな昆虫などを探していた。  ヤツガシラは全長約2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク