全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

八重山毎日新聞社〈沖縄県石垣市〉

 1950年3月15日創刊。石垣島を中心とする八重山全域で圧倒的なシェアを占め、島の暮らしに欠かせない身近な情報を掲載し、回覧板的な紙面づくりが特徴。
 「視野は世界 視点は郷土」をモットーに有名無名にかかわらず、多くの住民の名前や写真を掲載。黒枠広告にいたっては、約98%が利用されている。
 本社は東京から約2,000km、沖縄本島から420km離れた八重山諸島の石垣島にあり、日本百景に選ばれた川平湾やイリオモテヤマネコで知られる西表島、集落が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている竹富島、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」でブレークした小浜島、南十字星が見える波照間島、晴れた日には台湾が見える与那国島などがある。
 2013年3月、南ぬ島石垣空港が開港。首都圏から中型機の乗り入れで観光入域客数は年々増え続けている。さらに大型クルーズ船の寄港により、海外からの観光客増加も重なり2017年12月末には135万人を突破する勢いで島内は賑わっている。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

八重山毎日新聞社 関連記事

「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」Tシャツコンテスト 中山..

【与那国】「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」で、Tシャツデザインコンテストの表彰式が行われ、中山真理子さん(45)=石垣市新川=のデザインが最優秀に選ばれた。同コンテストには全国...

セイシカの花を愛でる 市文化協会歌謡部会

 バンナ公園の活用を広めようと、石垣市文化協会歌謡部会(安里隆部会長、会員20人)は21日夕、同園南口の広場「セイシカの花園」で初めて花見会を開き、会員など約20人が、幻の花と言われる同花や春の八重山...

文化審議会 蔵元絵師画稿、国重文に 市内所在の美術品指定は初

 文化庁の文化審議会(佐藤信会長)は18日、石垣市が所有する八重山蔵元絵師画稿類(宮良安宣旧蔵)90点(連作含む116枚)を、美術工芸品の歴史資料として重要文化財に指定することを答申した。近く官報...

初心者が三線学ぶ 石垣青少年の家

 三線に慣れ親しんでもらおうと、県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)は17日午前、初心者三線教室を開始した。石垣市内から11人が参加、三線の持ち方から始め、全3回の日程を通して「新安里屋ユンタ」の演奏...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク