全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

紀伊民報〈和歌山県田辺市〉

 紀伊民報は明治44年(1911年)2月に創刊。田辺市を中心に印南町から新宮市まで和歌山県のほぼ半分を購読エリアに、夕刊単独、10~16ページ建てで発行している。和歌山県には全域をエリアにする「県紙」はなく、紀伊民報が県内では最も発行部数の多い地方新聞となっている。地域の身近なニュースを重点に紙面をつくり、田辺市とその周辺地域の世帯普及率は6割に達する。
 地元読者にニュースを送り届けると同時に、大手ポータルサイトやニュースサイト、SNSなどを通じて地域の産業や観光の情報を積極的に発信している。

会社概要

関連リンク

和歌山県紀南地方について

 紀伊民報が本社を置く和歌山県田辺市は県庁所在地の和歌山市に次ぐ県内第2の都市で、人口約76,000人。2005年5月に旧田辺市、大塔村、中辺路町、龍神村、本宮町が合併して誕生しました。市の総面積は約1,027km²あり、和歌山県全体の約22%を占めます。
 ユネスコの世界遺産に登録された熊野古道や熊野三山への玄関口となり、歴史や文化、自然に恵まれています。自然保護運動の天神崎をはじめ、世界的な博物学者南方熊楠や合気道の開祖植芝盛平、武蔵坊弁慶の伝説などで知られています。
 地域の主要な産業は観光と農林漁業。特に梅は田辺市とお隣のみなべ町で全国生産の4割を占める一大産地。ミカンの生産も盛んです。

写真ギャラリー

紀伊民報 関連記事

紀伊民報社

巨大クツエビ水揚げ

 和歌山県みなべ町の漁港で、重さ約2キロのコブセミエビ(通称クツエビ)が水揚げされた。地元の漁師も「こんなに大きなものは見たことがない」と驚いている。  27日、地元の漁師が水揚げした。全長は5...

紀伊民報社

汚泥堆肥化施設が完成

 和歌山県みなべ町東本庄に、下水処理場などから出た脱水汚泥を堆肥化する施設「みなべコンポストセンター」が完成した。県の検査を経て許可が下り次第、稼働する予定。今のところ、町の浄化センターで年間5...

紀伊民報社

綿のように白い花 スモモ咲き始め

 和歌山県田辺市内で栽培が盛んなスモモが、白い花を咲かせ始めた。園地に仕立てられた棚一面に綿のように広がっており、ドライバーや通行人の目を引いている。  スモモは市内では、梅やミカンに次いで栽培...

紀伊民報社

こいのぼり 春風に舞う

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムに22日、地元の青年がこいのぼりを設置した。堤の上で何匹ものこいのぼりが風をはらんで舞っている。ダムを管理する南紀用水土地改良区は「地域農業発展の願いを込め...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク