全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社の記事一覧

北羽新報社

メロン丸々、甘みもぎっしり 三種町八竜地域で収穫始まる

 三種町八竜地域で特産のメロンの収穫が進められている。現在はハウス栽培のメロンが出荷されており、農産物直売所などでは贈答用として地方発送を依頼する客も目立つ。今後は露地栽培ものも控え、「八竜メ...

北羽新報社

緑鮮やか初夏の味覚 三種町特産・ソラマメの出荷盛ん

 三種町特産・ソラマメの収穫、出荷作業が盛んに進められている。ソラマメは初夏の味覚として親しまれ、生産者は旬の食材を届けるため、早朝に収穫したソラマメを選果場に運び込み、選別や箱詰めといった出...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

北羽新報社

風力発電が身近に 親子イベント楽しむ 能代市でグローバル・ウインドデイ

 風力発電にちなんだイベント「グローバル・ウインドデイ」が16日、能代市大森山の能代港大森緑地公園で開かれた。市内外から家族連れなどが来場し、洋上風車の作業員を輸送する専用船の船内見学、大型風車...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

北羽新報社

園児たち笑顔で一服 茶道の所作、礼儀学ぶ 能代市

 能代市柳町の渟城幼稚園(渟城聖子園長)は13日、年長児対象のお茶会を開いた。園児たちは茶せんを使って茶をたてたり菓子を味わったりし、日本の伝統文化に親しんだ。  茶道を通じて礼儀作法を学んだり...

北羽新報社

能代市の能代製樽、秋田杉製「ジャグ樽」を商品化 インバウンド向けに好評

 酒樽(だる)や木桶(おけ)などを製造・販売する能代市後谷地の「能代製樽」(畠次郎社長)は、酒の注ぎ口を改良した秋田杉の「ジャグ樽」を商品化した。アウトドア用品にも使われる蛇口を酒樽の側面に取り...

北羽新報社

能代初見参のブルーインパルス、展示飛行は7月6日午前11時半からと決定

 能代市の能代港湾区域で7月6日に展示飛行する航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の飛行スケジュールが、午前11時30分から正午の間の15分程度に決まった。当初は午後1時からの時間...

北羽新報社

カミツレの収穫盛ん かれんな花摘み取る 八峰町

 八峰町で生薬のカミツレの収穫が盛んに行われている。カミツレは町が産地化を目指しており、今年度は農家や法人計7戸が約50㌃で栽培している。白くかれんな花が陽光を浴びてまぶしい畑で、農家らは爽やかな香...

北羽新報社

「一芯二葉」で丁寧に 「北限の茶」摘み取り始まる 能代市桧山地区

 能代市桧山地区で、「北限の茶」として知られる檜山茶の摘み取り作業が始まった。茶畑では生産者が黄緑色をした新芽を丁寧に摘み取り、新茶の季節を感じさせている。  檜山茶は京都宇治茶の在来種を手摘...

北羽新報社

八峰町の酒蔵「山本酒造店」、古民家を簡易宿泊施設に再生 6月下旬オープン

 八峰町八森の山本酒造店(山本友文社長)は、同町八森字ノケソリの築80年余りの古民家をリノベーションし、1棟貸しの簡易宿泊施設「お宿 山本」を整備した。町外から大人を呼び込もうと、「高品質」をテー...

北羽新報社

「赤ささげ」の産地化へ 耕作前に栽培説明会 三種町下岩川地区

 餡(あん)や赤飯などに用いられる豆「赤ささげ」の産地形成に乗り出す三種町の下岩川地域づくり協議会(近藤久信会長)は3日、下岩川コミュニティセンター・すいらんの館などを会場に栽培説明会を開いた...

北羽新報社

5年ぶり開催「のしろ子どもまつり」 多彩な遊びや体験に笑顔広がる

 第41回のしろ子どもまつりは2日、能代市海詠坂の能代山本広域交流センターで開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、元年以来5年ぶりの開催。子どもたちが射的や輪投げ、凧(たこ)作り、パン...

北羽新報社

駅のホームで「流しジュンサイ」 秋田・三種町と町観光協会が旬の味PR

 特産のジュンサイを売り込み、誘客につなげようと、三種町と町観光協会は31日、JR東能代駅のホームで観光列車「リゾートしらかみ」の乗客に向け、「流しジュンサイ」を行った。停車時間にホームに降り立っ...

北羽新報社

役七夕の歴史と現状を理解 高校生ら今夏の運行参加へ

 能代青年会議所(能代JC、今野孝嶺理事長)は、能代伝統「役七夕」の今夏の運行に能代市内3校の高校生と共に参加する。29日は能代松陽高で講習会を開き、高校生たちがオヤシログループ代表の大高翔さん...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク