全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

南海日日新聞社〈鹿児島県奄美市〉

 南海日日新聞は第2次大戦終結間もない1946年(昭和21年)11月1日、奄美大島・旧名瀬市で創刊されました。当時、奄美群島は日本から分離されて米軍統治下にありました。自由な言論活動は制約され、食糧難、物不足の困難な状況の中で、創業者・村山家國は「南(みんなみ)の海の日輪たらむ」との志を掲げて南海日日新聞をおこし、郷土の文化向上に力を尽くす一方、群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードしました。
 島の歴史に学ぶ、島の自然・文化を大事にする、島の人たちと苦楽を共にしつつ時には毅然とした論陣を張るという基本姿勢は、この創業時代に培われました。
 現在、最新設備の輪転機によるカラー印刷をベースに、最先端技術の導入、文字拡大など少しでも読みやすい新聞づくりを進めています。創刊から72年。世紀を超えて奄美の読者に読み継がれた南海日日新聞は、これからも郷土の文化の向上・発展に努めてまいります。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

南海日日新聞社 関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

島口と島料理を次世代へ 老連が多世代交流イベント 瀬戸内町

 瀬戸内町老人クラブ連合会(徳永敬次会長)主催の「島口おはなし会と島料理会」は20日、鹿児島県瀬戸内町阿木名の公民館であった。地域の幼児から高齢者まで30人余りが参加。交流を深めながら、子どもた...

奄美の植物で染色多彩に 植田正輝さん、奄美市で個展開催

 鹿児島県奄美市笠利町在住の染色家・植田正輝さん(67)が、奄美市名瀬の一般社団法人「結いの島」ギャラリーで奄美の植物を使って染色した作品展を開いている。大島紬の泥染めに携わり45年。染色技能士...

海一望の施設でウエディング 都内の夫婦、「大好きな島」で手作りの式 沖永..

 東京都出身の大橋敏之さん(37)と、和泊町出身の(旧姓・今榮)千葉里さん(27)の結婚式が14日、鹿児島県沖永良部島和泊町和泊で整備が進むミニ商業施設であった。施設関係者や千葉里さんの同級生ら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク