全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

南海日日新聞社〈鹿児島県奄美市〉

 南海日日新聞は第2次大戦終結間もない1946年(昭和21年)11月1日、奄美大島・旧名瀬市で創刊されました。当時、奄美群島は日本から分離されて米軍統治下にありました。自由な言論活動は制約され、食糧難、物不足の困難な状況の中で、創業者・村山家國は「南(みんなみ)の海の日輪たらむ」との志を掲げて南海日日新聞をおこし、郷土の文化向上に力を尽くす一方、群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードしました。
 島の歴史に学ぶ、島の自然・文化を大事にする、島の人たちと苦楽を共にしつつ時には毅然とした論陣を張るという基本姿勢は、この創業時代に培われました。
 現在、最新設備の輪転機によるカラー印刷をベースに、最先端技術の導入、文字拡大など少しでも読みやすい新聞づくりを進めています。創刊から72年。世紀を超えて奄美の読者に読み継がれた南海日日新聞は、これからも郷土の文化の向上・発展に努めてまいります。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

南海日日新聞社 関連記事

徳之島で富山丸戦没者慰霊 平和の尊さかみしめ冥福祈る

 太平洋戦争中の1944年6月、鹿児島県徳之島沖で米軍潜水艦に撃沈された輸送船「富山丸」の戦没者への献花が28日、徳之島町亀徳の「なごみの岬公園」であった。新型コロナウイルスの影響を受け3年連続...

壁の穴からひょっこり アマミイシカワガエル 奄美市のゴルフ練習場

 「日本一美しいカエル」とも言われる鹿児島県奄美大島固有の絶滅危惧種、アマミイシカワガエルが、奄美市名瀬のゴルフ場「奄美カントリークラブ」に姿を現わすようになり、話題を呼んでいる。撮影した常連客...

ラッピングバスで事故防止啓発 奄美大島、野生動物保護で 夜間運転「よーり..

 国の特別天然記念物アマミノクロウサギなど野生動物の交通事故防止を啓発するラッピング(装飾)を施した路線バスが27日、鹿児島県奄美大島で運行を始めた。環境省が主催するアマミノクロウサギ交通事故防...

縁起の良い「白スズメ」か 喜界島の民家に飛来

 鹿児島県喜界町中熊の積山忠久さん(70)宅の庭にこのほど、白い小鳥が飛来した。見た目はスズメによく似ているが、頭の先から羽先まで全身真っ白。たびたび積山さん宅を訪れ、愛らしい姿で夫婦を楽しませ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク