全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

南海日日新聞社〈鹿児島県奄美市〉

 南海日日新聞は第2次大戦終結間もない1946年(昭和21年)11月1日、奄美大島・旧名瀬市で創刊されました。当時、奄美群島は日本から分離されて米軍統治下にありました。自由な言論活動は制約され、食糧難、物不足の困難な状況の中で、創業者・村山家國は「南(みんなみ)の海の日輪たらむ」との志を掲げて南海日日新聞をおこし、郷土の文化向上に力を尽くす一方、群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードしました。
 島の歴史に学ぶ、島の自然・文化を大事にする、島の人たちと苦楽を共にしつつ時には毅然とした論陣を張るという基本姿勢は、この創業時代に培われました。
 現在、最新設備の輪転機によるカラー印刷をベースに、最先端技術の導入、文字拡大など少しでも読みやすい新聞づくりを進めています。創刊から72年。世紀を超えて奄美の読者に読み継がれた南海日日新聞は、これからも郷土の文化の向上・発展に努めてまいります。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

南海日日新聞社 関連記事

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から...

アオサンゴの大群生確認 喜界島沖「琉球列島で最北端」

 喜界島サンゴ礁科学研究所(鹿児島県喜界町、渡邊剛理事長)は3日、喜界島沖で大規模なアオサンゴの群生を確認したと発表した。同研究所は「琉球列島で確認された中では最北端に位置する大群生で、希少な存...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

夜空彩る希望の光 奄美大島 コロナ収束願いサプライズ花火

 新型コロナウイルスの早期収束を願う花火が7月31日と8月1日の夜、奄美大島各地で打ち上げられた。いずれも有志によるサプライズ企画。色とりどりの希望の光が夏の夜空を染め上げ、人々にエールを送った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク