全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

南海日日新聞社〈鹿児島県奄美市〉

 南海日日新聞は第2次大戦終結間もない1946年(昭和21年)11月1日、奄美大島・旧名瀬市で創刊されました。当時、奄美群島は日本から分離されて米軍統治下にありました。自由な言論活動は制約され、食糧難、物不足の困難な状況の中で、創業者・村山家國は「南(みんなみ)の海の日輪たらむ」との志を掲げて南海日日新聞をおこし、郷土の文化向上に力を尽くす一方、群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードしました。
 島の歴史に学ぶ、島の自然・文化を大事にする、島の人たちと苦楽を共にしつつ時には毅然とした論陣を張るという基本姿勢は、この創業時代に培われました。
 現在、最新設備の輪転機によるカラー印刷をベースに、最先端技術の導入、文字拡大など少しでも読みやすい新聞づくりを進めています。創刊から72年。世紀を超えて奄美の読者に読み継がれた南海日日新聞は、これからも郷土の文化の向上・発展に努めてまいります。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

南海日日新聞社 関連記事

しまゆみた狂言に笑顔 小学生8人、「附子」上演  喜界町上嘉鉄

 地元の小学生がしまゆみた(方言)で狂言を演じる「わらび・はてぃとぅ(上嘉鉄)ゆみた狂言」発表会が21日、鹿児島県喜界町上嘉鉄のあゆみ幼稚園体育館であった。喜界島言語文化協会(生島常範会長)と、...

方言劇、迫真の演技で観衆魅了 町民創作「ヒーヌムンの生まれた海」上演 知..

 鹿児島県沖永良部島知名町の町民創作方言劇「ヒーヌムンの生まれた海」(町教育委員会主催)が23日、同町のおきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちなで上演された。和泊、知名両町の小学2年生~70代総勢3...

電動キックボードで新たな観光 与論島で実証実験

 鹿児島県与論町のヨロン島観光協会は2月1日から、次世代の乗り物として注目を集めている電動キックボードの実証実験を始めた。新型コロナウイルスの影響で島内経済が冷え込む中、国の地方創生交付金を活用...

島唄とフラメンコがコラボ 徳田さんと永さん 動画配信も

 鹿児島県奄美の島唄とスペイン発祥の伝統舞踊フラメンコを合わせた〝異色のコラボ〟が注目を集めている。島唄を担当するのは喜界町出身で鹿児島市在住の唄者・永志保さん(39)、フラメンコを踊るのは鹿児...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク