全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

南海日日新聞社〈鹿児島県奄美市〉

 南海日日新聞は第2次大戦終結間もない1946年(昭和21年)11月1日、奄美大島・旧名瀬市で創刊されました。当時、奄美群島は日本から分離されて米軍統治下にありました。自由な言論活動は制約され、食糧難、物不足の困難な状況の中で、創業者・村山家國は「南(みんなみ)の海の日輪たらむ」との志を掲げて南海日日新聞をおこし、郷土の文化向上に力を尽くす一方、群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードしました。
 島の歴史に学ぶ、島の自然・文化を大事にする、島の人たちと苦楽を共にしつつ時には毅然とした論陣を張るという基本姿勢は、この創業時代に培われました。
 現在、最新設備の輪転機によるカラー印刷をベースに、最先端技術の導入、文字拡大など少しでも読みやすい新聞づくりを進めています。創刊から72年。世紀を超えて奄美の読者に読み継がれた南海日日新聞は、これからも郷土の文化の向上・発展に努めてまいります。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

南海日日新聞社 関連記事

家に帰れる日々を大切に 交通安全へ身近な言葉つづる 大島高校書道部

 秋の全国交通安全運動(21~30日)を前に13日、交通事故防止を啓発する書道パフォーマンスが鹿児島県奄美市名瀬のAiAiひろばで行われた。県立大島高校書道部(木村文音顧問、部員24人)の2年生...

漁港に天使舞い降りる 有志が漂着ごみで翼制作 沖永良部島

 鹿児島県沖永良部島内の漁港にこのほど、漁具アートが出現した。島内の有志が漂着ごみで翼をかたどって制作したもので、全長は約3メートル。地域住民に写真映えスポットとして知られるようになり、撮影を楽...

奄美の海岸に石巻の漂着物 「震災忘れないための届け物か」

 2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波で流されたとみられる宮城県石巻魚市場のプラスチック容器が8日、鹿児島県瀬戸内町阿木名の海岸で見つかった。9年半の時を経て見つかった漂着物に地元住...

喜界島のゴマ大打撃 台風に大雨被害で予定の半分

 台風10号が6日に接近、通過した鹿児島県の喜界島では、収穫シーズンに入っていた特産品の白ゴマが大きな被害を受けた。9日の大雨でも被害は拡大し、町農業振興課によると「見込んでいた生産量の半分ほど...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク