全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

南海日日新聞社〈鹿児島県奄美市〉

 南海日日新聞は第2次大戦終結間もない1946年(昭和21年)11月1日、奄美大島・旧名瀬市で創刊されました。当時、奄美群島は日本から分離されて米軍統治下にありました。自由な言論活動は制約され、食糧難、物不足の困難な状況の中で、創業者・村山家國は「南(みんなみ)の海の日輪たらむ」との志を掲げて南海日日新聞をおこし、郷土の文化向上に力を尽くす一方、群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードしました。
 島の歴史に学ぶ、島の自然・文化を大事にする、島の人たちと苦楽を共にしつつ時には毅然とした論陣を張るという基本姿勢は、この創業時代に培われました。
 現在、最新設備の輪転機によるカラー印刷をベースに、最先端技術の導入、文字拡大など少しでも読みやすい新聞づくりを進めています。創刊から72年。世紀を超えて奄美の読者に読み継がれた南海日日新聞は、これからも郷土の文化の向上・発展に努めてまいります。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

南海日日新聞社 関連記事

庭先のライチ実る 知名町、神川さん宅

 鹿児島県知名町上平川沖永良部島の神川吉紀さん宅のライチの木(ムクロジ科)が、鮮やかな赤い実を実らせている。神川さんは「昨年と今年は特に実が多いようだ」と喜んでいる。  10数年前に県本土から...

米軍輸送機、奄美空港に緊急飛来 オスプレイの部品搬送か

 鹿児島県奄美市笠利町の奄美空港に緊急着陸し、空港内で修理を続けている米軍の輸送機オスプレイに絡み、21日、米軍のMC130型輸送機2機が同空港に着陸し、オスプレイの修理関連部品とみられる資材を...

安全に楽しく登下校を 加計呂麻島にスクールバス 鹿児島県瀬戸内町

 鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島地区のスクールバス「青雲号」の本格運行が12日、始まった。子どもたちの下校時間に合わせ、関係者、地域住民らで出発式を開催。鎌田愛人町長は「青雲の志を持ち、登下校時にこ...

ミカン木の害虫見逃すな 親子でカミキリムシ捕獲大会 鹿児島県喜界町

 鹿児島県の喜界島で3日、ミカン木を食い荒らすゴマダラカミキリムシの捕獲大会が開かれた。虫の早期撲滅に向けた駆除推進策の一環で、初開催。町内の親子連れなど46人が参加し、地域の果樹保護へ理解を深...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク