全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社の記事一覧

荘内日報社

ベテラン棟梁から熟練の手ほどき

 わが国に古くから伝わる建築工法「伝統木構法」を学ぶ「日本の伝統的大工塾」(塾長・川上清太郎田川建設労働組合執行委員長)が5日、鶴岡市で開塾した。庄内地方の大工を中心に建築に関わる18―50歳の男女11人...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

荘内日報社

夏山シーズン月山開山 コロナ終息願う登拝者

 出羽三山の主峰・月山(1984メートル)が1日に開山し、夏山シーズンの訪れを告げた。今年は新型コロナウイルスの影響で登山客の減少や祭事の縮小、関連施設の営業自粛など例年にない開山となったが、山の神へ祈...

荘内日報社

「元気回復商品券」販売スタートに行列 鶴岡商工会議所 20%プレミアム付き

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)が実施する20%プレミアム付きの「商店街元気回復商品券」が30日、同商議所など鶴岡市内3カ所で販売開始された。一部のスーパーを含む管内の約330店舗で使えるとあって、初日は...

荘内日報社

酒田港にカモシカ!! 鶴岡市羽黒町の宿坊街にはニホンジカ現る

 酒田市大浜一丁目の第2酒田プレジャーボートスポット(PBS)にカモシカが出没した。同PBSの指定管理者・酒田小型船舶安全協会の佐藤弘さん(68)が発見して写真撮影に成功。佐藤さんは「海にカモシカが来...

荘内日報社

庄農うどん大作戦! 昨年好評受け産学官連携で多角的に展開

 出羽商工会(上野隆一会長)と庄内農業高校(加藤千恵校長)などは、昨年に実施して好評だった「庄農うどん大作戦!」を、今年は9月から10月にかけて実施する計画を進めている。同校「うどん部」の生徒たちが作...

荘内日報社

地元球児バックアップ 社会人6チーム30人協力  中・高3年最後の大会サポート

 夏の甲子園野球の県代替大会・庄内地区予選に地元の社会人6チームがサポートを買って出ることになった。硬式の鶴岡野球クラブなどで25日の組み合わせ抽選に先立ち、会場となる鶴岡ドリームスタジアムで会合を持...

荘内日報社

公益大スルトノフ教授の研究論文 「学術賞」受賞喜ぶ

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)で教壇に立つスルトノフ・ミルゾサイド教授(国際経済学など)による研究論文「キルギス共和国における送金と実質実効為替レートの因果関係について」が、2019年度日...

荘内日報社

高品質の仕上がり 庄内メロン出荷目揃会

 庄内砂丘で栽培される庄内メロンの出荷目揃(めぞろえ)会が23日、酒田市のJA庄内みどり浜中選果場で開かれ、選果人らが選別基準など出荷規格を確認した。  JA全農山形園芸庄内推進室によると、今季は...

荘内日報社

「鉄門海上人」の布教・救済活動 杉原さん(庄内酒田古文書館長)石碑調査し..

 即身仏として鶴岡市大網の注連寺に安置されている「鉄門海上人」(1759―1829年)に関し、庄内酒田古文書館長を務める地域史研究家、杉原丈夫さん(74)=酒田市みずほ一丁目、酒田古文書同好会長=が、主として...

荘内日報社

夏至の天体ショー楽しむ 庄内各地でも「部分日食」観測

 夏至の太陽の天体ショー―。太陽の一部が月に隠れる「部分日食」が21日夕、全国で観測された。庄内地域は高気圧に覆われて晴れ渡り絶好の観測日和となる中、各地で観察会なども行われ、夏至の天体ショーを楽しむ...

荘内日報社

コロナに負けるな!庄内観光物産館 「げんき市」に人出

 新型コロナウイルス対策で県境をまたぐ移動自粛の制限がなくなって初の週末となった20日、庄内各地の観光施設などには家族連れなどが繰り出し、「3密」に注意しながら久しぶりの休日モードで買い物などを楽しむ...

荘内日報社

19年山形県沖地震から1年 鶴岡市小岩川 サイレン鳴らし備え呼び掛け

 昨年6月18日の山形県沖地震から丸1年となった18日、多くの家屋で屋根瓦が落ちるなど最も大きな被害が出た鶴岡市の小岩川集落(約150世帯、住民約400人)は、この日を「地震の日」に制定した。同日午後7時には集...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク