全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社の記事一覧

荘内日報社

もうすぐ「桃の節句」ひな菓子づくりピーク

 桃の節句(3月3日)が近づく中、庄内地方の菓子店では、「練り切り」を使った伝統のひな菓子づくりがピークを迎えている。  ひな菓子は、全国的にはひし餅やあられが一般的だが、庄内では白あんと求肥(ぎ...

荘内日報社

学びの成果 端末収納庫贈る 光陵高3年生酒田特支へ

 酒田特別支援学校聴覚障害教育部の生徒のために、酒田光陵高校電子機械科の3年生たちが「タブレット端末収納庫」を製作。酒田特支で24日、贈呈式が行われた。  両校は隣接していた旧酒田聾学校(現・酒田特...

荘内日報社

鶴岡地区雇用対策協議会主催の懇談会 高卒求人倍率高く人材確保難しい状況

 鶴岡地区雇用対策協議会(上野雅史会長)など主催の「高校生の地域雇用を考える懇談会」が22日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、地区内の各高校などの進路担当者と企業の社長や採用担当者らが、高卒者の...

荘内日報社

鶴岡市ふるさと納税返礼品に 県産蓄養マフグPR 3月限定 刺し身、空揚げセ..

 ふるさと納税返礼品の拡充に取り組む鶴岡市は、3月1―31日までの期間限定で返礼品に県産蓄養マフグの刺し身と空揚げを新たに加え、蓄養の普及とPRを図る。  県は底引き網漁業の禁漁期やしけの多い冬期間の...

荘内日報社

東京オリ・パラ ドイツのホストタウン高校生交流

 東京オリンピック・パラリンピックでドイツをホストタウンとする鶴岡市を含む全国5自治体の地元高校生が21日、ビデオ会議アプリZооmを通じて「高校生がドイツの事例から考えるスポーツを通じた共生社会・地域...

荘内日報社

287人たたえ表彰 鶴岡体協体育功労者

 NPO法人鶴岡市体育協会(山本益生会長)の本年度の体育功労者表彰式が19日、荘銀タクトホールで行われた。功労賞、栄光賞、奨励賞など24団体34個人の計287人が表彰された。コロナ禍に揺れた本年度に関して山...

荘内日報社

フルコースや舟盛り 酒田南高 料理の卒業作品展

 酒田南高校(齋藤法明校長)の食育調理コース3年生が調理した料理を一堂に集めた卒業作品展が18、19の両日、校内で開かれ、生徒や教職員、保護者が一点一点の出来栄えに見入った。  同コースは調理に必要な...

荘内日報社

酒井家庄内入部400年 公式ロゴマーク選定 一般投票スタート!!

 2022年に迎える旧庄内藩酒井家の庄内入部400年記念事業を展開する鶴岡市の実行委員会は18日、事業のPRに活用する公式ロゴマーク選定に向けた一般投票を始めた。一般公募のデザインから審査会で「A」「B」「...

荘内日報社

光陵高とロシアの小中高一貫校包括協定 文化・教育活動で連携

 酒田市がロシア第2の都市サンクトペテルブルク市と交流していることを縁に、県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)は16日、サンクトペテルブルク市の公立小中高一貫校「第83番学校」との間で、連携して文化・教育活...

荘内日報社

社会人の心構えマナー学ぶ

 今春に就職を控え、社会人になる高校3年生を対象に、社会人としての心構えやビジネスマナーなどを学ぶ「新社会人スタートセミナー」が15日、鶴岡市のマリカ市民ホールで始まった。19日までの5日間にわたって開...

荘内日報社

絹ゆかりの舞台で撮影 シルクガールズ

 鶴岡市の伝統産業・シルクを題材に課題研究に取り組む鶴岡中央高校総合学科家政科学系列被服系の生徒による「シルクガールズ」は13日、明治時代に絹産業の支援を担っていた旧西田川郡役所(同市、致道博物館内...

荘内日報社

山王まちづくり「鶴岡まちキネ」名称引き継ぐ 来年11月 ミニシアターオープンへ

 昨年5月に閉館した鶴岡市の旧鶴岡まちなかキネマ(まちキネ)の一部の上映機能を生かして交流スペースとして活用する計画について、運営を担うまちづくり会社「山王まちづくり」(三浦新社長)などが12日、市役...

荘内日報社

来年3月で閉校鶴岡南高山添校 巣立つ生徒に送るエール 職員が卒業ソング制作

 来年3月で閉校する鶴岡市の鶴岡南高山添校(坂尾聡校長、生徒39人)で、職員が3年生向けにオリジナルの卒業ソングを制作し12日、全在校生がコーラスを録音した。来月2日(火)の卒業式で、3年生を送り出す曲と...

荘内日報社

異国での孤独解消 楽しい共同生活を 山形大農学部 鶴岡市の旧旅館をシェアハ..

 山形大学農学部(村山秀樹学部長)の外国人留学生が鶴岡市の旧旅館をシェアハウスとして再利用、話題になっている。  市内泉町の旧旅館「みゆき荘」は1962(昭和37)年開業、11年前廃業後、長らく空き家だ...

荘内日報社

飲み込む力の弱い人にも地元食材でおいしいものを  試作重ねた「嚥下食」提供

 地元食材を使った嚥下(えんげ)食の開発・研究を行っている「鶴岡料理人発 幸せを呼ぶSF研究会」は9日、鶴岡市藤沢の高齢者施設「オープンハウス奏(かなで)」で初の実食会を開き、デイサービスの利用者た...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク