全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

苫小牧民報社〈北海道苫小牧市〉

 北海道苫小牧市と千歳市を中心エリアに報道活動をしている地域紙。
 苫小牧市、胆振東部、日高管内などでは「苫小牧民報」を、千歳市、恵庭市など、石狩南部地域では「千歳民報」を発行。夕刊単独紙で、発行部数は約5万部。
 「苫小牧民報」と「千歳民報」は2つの圏域の交流を深めながら、地域に根ざした視点から国内外のニュースをとらえ、地元に密着したニュースを届けている。
 苫民グループをあげて、地域のトータル・メディア・プラザ(総合的な情報広場)の構築と、心豊かで活力あるふるさとの創造に尽力している。

会社概要

関連リンク

観光情報

グルメ情報

写真ギャラリー

苫小牧民報社 関連記事

千歳科技大・平井悠司講師 高分子研究奨励賞を受賞

 千歳科学技術大理工学部応用化学生物学科専任講師の平井悠司さん(35)=高分子科学=が、高分子学会の2017年度高分子研究奨励賞を受賞した。平井さんは「これまでお世話になった先生たちへの恩返しに...

きょう夏至 苫小牧に夏の訪れ、ハスカップ実付ける

 苫小牧市高丘森林公園にあるハスカップが実を付け、夏の訪れを告げている。きょう21日は夏至。  同公園のハスカップは、かつて勇払原野から移植した自生種。苫小牧を代表する植物で、栄養豊富な実は菓...

支笏湖・ヒメマス豊漁 サイズ小ぶりも釣果好調

 千歳市の支笏湖で、今月1日に解禁されたヒメマス釣りが好調だ。6月1~15日の釣果は3万7105匹と、2017年同期の8974匹の4倍に上った。魚体はやや小ぶりだが、釣獲数が多いのが今季の特徴だ...

新型部品の生産開始 トヨタ北海道「CVT」月間2万台へ

 自動車部品製造の道内最大手、トヨタ自動車北海道(本社苫小牧市、北條康夫社長)は、新型の無段階変速機「ダイレクトシフトCVT」の生産に乗り出した。北米向け新型車などに搭載する部品で、今後生産台数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク