全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

苫小牧民報社〈北海道苫小牧市〉

 北海道苫小牧市と千歳市を中心エリアに報道活動をしている地域紙。
 苫小牧市、胆振東部、日高管内などでは「苫小牧民報」を、千歳市、恵庭市など、石狩南部地域では「千歳民報」を発行。夕刊単独紙で、発行部数は約5万部。
 「苫小牧民報」と「千歳民報」は2つの圏域の交流を深めながら、地域に根ざした視点から国内外のニュースをとらえ、地元に密着したニュースを届けている。
 苫民グループをあげて、地域のトータル・メディア・プラザ(総合的な情報広場)の構築と、心豊かで活力あるふるさとの創造に尽力している。

会社概要

関連リンク

観光情報

グルメ情報

写真ギャラリー

苫小牧民報社 関連記事

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

観察窓にサケ大群 訪れた人喜ばす-千歳水族館

 サケのふるさと千歳水族館の水中観察窓に14日、シロザケの親魚の群れが現れた。その数、30匹超。婚姻色のブナの葉の色に似た「ぶな毛」の雄が目立ち、体長70センチ超の大物到来に訪れた人々が喜んでい...

木製サイロ復元、地域の歴史学ぶ場に 安平のはやきた子ども園敷地内

 安平町遠浅の牧場で昭和初期の開拓期に建てられ、2015年に老朽化で解体された木製サイロが、同町のはやきた子ども園敷地内で復元され、7日に完成した。同園が同町指定文化財にもなっていた木製サイロの...

大道芸人のギリヤーク尼ヶ崎さん 25日、4年ぶり苫小牧公演

 函館市出身の大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎さん(87)=東京都在住=が25日、苫小牧市内の表町公園で4年ぶり、通算29回目の青空舞踊公演を行う。88歳の誕生日を迎える19日の函館公演後、苫小牧入り...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク