全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

苫小牧民報社〈北海道苫小牧市〉

 北海道苫小牧市と千歳市を中心エリアに報道活動をしている地域紙。
 苫小牧市、胆振東部、日高管内などでは「苫小牧民報」を、千歳市、恵庭市など、石狩南部地域では「千歳民報」を発行。夕刊単独紙で、発行部数は約5万部。
 「苫小牧民報」と「千歳民報」は2つの圏域の交流を深めながら、地域に根ざした視点から国内外のニュースをとらえ、地元に密着したニュースを届けている。
 苫民グループをあげて、地域のトータル・メディア・プラザ(総合的な情報広場)の構築と、心豊かで活力あるふるさとの創造に尽力している。

会社概要

関連リンク

観光情報

グルメ情報

写真ギャラリー

苫小牧民報社 関連記事

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

新政府専用機お披露目 航続距離伸び快適さ増す-空自千歳基地

 千歳市平和の航空自衛隊千歳基地で6日、次期政府専用機ボーイング(B)777―300ER型機が初めて報道公開された。機体の概要などを担当者が説明し、機内の一般区画と随行員区画をお披露目した。  ...

厚真と安平の福祉仮設住宅 特養・障害者施設の被災者受け入れ

 胆振東部地震で被災し避難生活を送る厚真町と安平町の特別養護老人ホーム、障害者支援施設の入所者ら計約140人を受け入れる福祉仮設住宅の建設が両町で進んでいる。道が整備している施設は、複数の居住棟...

新千歳―仁川線が就航 韓国LCCエアソウル

 韓国アシアナ航空100%子会社の格安航空会社(LCC)エアソウルが26日、仁川―新千歳線に就航した。新千歳着の初便には満員の195人が搭乗。同社の参入で韓国の主要航空会社2社とLCC6社の計8社...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク