全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

苫小牧民報社〈北海道苫小牧市〉

 北海道苫小牧市を中心エリアに報道活動をしている夕刊単独発行の地域紙。1950年に「南北海」として創刊し、翌51年には題号を「苫小牧民報」と改め、現在は約4万3千部の新聞を発行。地域に根ざした視点から国内外のニュースをとらえ、地元に密着したニュースを届けている。
 苫民グループをあげて、地域のトータル・メディア・プラザ(総合的な情報広場) の構築と、心豊かで活力あるふるさとの創造に尽力している。

会社概要

関連リンク

観光情報

グルメ情報

写真ギャラリー

苫小牧民報社 関連記事

今年も豊作 若手神職ら抜穂祭 胆振日高地区  厚真

胆振日高地区の青年神職会は27日、厚真町桜丘の森田明央さん(55)所有の田んぼに設けた「神田」で、恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。秋晴れの下、若手神職と関係者ら9人が鎌を振るい、日胆の神社や...

JR室蘭本線130周年記念号の旅 追分駅でおもてなし 「キハ40」に鉄道フ..

JR室蘭本線の開通130周年を記念して24日、昭和の時代に活躍した国鉄色気動車が旭川―室蘭駅間(237キロ)を往復する長距離列車のツアーイベントが行われた。安平町の追分駅では、歴史を刻んだ列車の雄姿...

「復興の拠点」に 穂別博物館周辺エリア再整備へ新構想 図書館や温泉施設も ..

むかわ町は、2025年度の完成を目指している穂別博物館の周辺エリア再整備について、新たな構想を打ち出した。胆振東部地震で被災した穂別地区のまちなか再生、にぎわい創出だけではなく、人口減少、経済の衰...

深まる秋楽しんで ナチュの森 イベント続々 白老

白老町虎杖浜の庭園施設「ナチュの森」は10月31日まで、各種体験講座などを繰り広げる「秋のナチュの森」を園内で開催している。  17~19日は、サバサンドの屋台を開いた。登別市内の鮮魚店で仕入...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク