全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

グルメ一覧

鹿追「しかめん」21日復活 招待客「一段とおいしく」

 今春から休業していたそば処「しかめん」(鹿追町西町3)が21日、営業を再開する。19日夜には関係者向けのプレオープンパーティーが同店で開かれ、復活した鹿追そばの味を招待客が一足早く堪能した。 ...

長野日報社

真っ赤な大粒イチゴ みはらしいちご園で出荷開始

 長野県伊那市西箕輪のみはらしいちご園でイチゴの収穫・出荷が始まった。羽広いちご生産組合(井踏岩夫組合長)の生産者が、ハウス内で育てた真っ赤な大粒をパックに詰めて地域の農産物直売所に出荷している...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

十勝産のコラボ弁当 帯広南商と福原 販売

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

そば簾お目見え 新得町で年越し用ピーク

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせ...

福原と南商高コラボで十勝弁当 5日から限定販売

 スーパー・福原(帯広、福原郁治社長)は、帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同で、十勝産の食材をふんだんに使った弁当を共同開発した。同社と高校生とのコラボでの商品化は初の試み...

長野日報社

伊那谷に冬の訪れ 「ザザムシ漁」解禁

 天竜川漁業協同組合(長野県伊那市)管内の天竜川で1日、伊那谷に冬の訪れを告げる「ザザムシ漁」が解禁になった。許可を受けた組合員が川へ立ち入り、下流に仕掛けた四つ手網に向かって上流の川底の石を備...

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対...

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

新千歳空弁に新登場 池田のエゾシカ肉使用

 新千歳空港で販売されている空弁(そらべん)に今月上旬から、池田町のエゾシカ肉と加工品の専門店「エゾの杜(もり)」(三坂一茂社長)のエゾシカ肉を使った「もみじ弁当」(980円)が新登場し人気を集...

長野日報社

八ケ岳の新そば堪能 茅野でまつり

 茅野市の第8回信州八ケ岳新そばまつり(祭典委員会主催)が10日、JR茅野駅周辺の西口弥生通りと東口イベントスペース、宮川かんてんぐら前広場で開かれた。地元のそば店やそば打ち愛好団体、そば生産...

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

「十勝晴れ」純米大吟醸10日発売

 産学官の「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)で醸造に取り組む地酒「十勝晴れ」に「純米大吟醸」が初めて加わり、10日から管内の小売店など約100店で販売される。  純米大吟...

「おでんしゃ」登場9日から運行

 熱々のおでんやお酒を車内で味わえる「おでんしゃ」の運行が9日、豊橋市の市内線で始まる。今年も来年2月下旬まで期間限定で走る。  豊橋鉄道(豊橋市)が運行している市内電車(市電)に登場し、夏に好...

愛媛の名産品ずらり 帯広藤丸で特別販売会

 愛媛県の特産品を集めた特別販売会が1日から、藤丸地下1階催事場で始まった。こだわり栽培のミカンのほか、ミカンの加工品、菓子、今治タオルなどが販売されている。7日まで。  藤丸では売り上げアッ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク