全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

大勢の来場客でにぎわうとかち小麦フェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店16店が出店、来場者は十勝産小麦の魅力を堪能した。

 十勝地区米麦改良協会(会長・前川厚司JA幕別町組合長)の主催。2016年から開催(21、22年は新型コロナで中断)。7回目の今年は、十勝管内の飲食店や清水高校、帯広農業高校などが自慢のケーキやドーナツなどの菓子、パンやピザ、パスタを販売した。

 会場には150人ほどが詰めかけ、午前10時半の開場と同時に、お目当てのブースへと移動。満寿屋商店麦音と帯広農業高校のコラボ商品のブースは、30人以上が列をなした。幕別町の農業松田由紀さん(49)は「ここでしか食べられないコラボ商品。あんこも使われており、小豆農家として興味がある」と話した。

 会場内では、「十勝産小麦を知るコーナー」として、小麦の歴史や種類などを紹介するパネル展示やオーナメント制作も。家族4人で訪れた音更町の幼児(3)は、小麦の石臼びきを体験。スタッフの手も借りながら石臼を回し、「重かったけど、楽しかった」と笑顔。楽しいひとときを過ごしていた。

関連記事

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク