全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

“復活”入野谷在来種そば 一般販売始まる

伊那市で初の一般販売が始まった入野谷在来種そば。強い香りと濃い味が特徴だ

 長野県伊那市高遠町の一部と長谷地区でかつて食べられていた入野谷在来種そばの初の一般販売が22日、市内のそば店6店舗で始まった。絶滅したと思われていたが、県の試験場で種を発見し、官学民の「復活夢プロジェクト」を始動。原々種を育成して種と栽培面積を増やし、足かけ6年で販売にこぎ着けた。高遠閣での記念セレモニーに出席した関係者は、入野谷在来種の強い香りと濃い味をPR。「究極の高遠そばを堪能して」と呼び掛けた。

 「うまいそば」として地域に知れ渡っていたが、小粒のため収量が少なく、多収品種の普及に伴って途絶えていったとされる。県野菜花き試験場(塩尻市)で20グラムの種が見つかり、一部の増殖播種を依頼。6粒が発芽して復活への扉が開き、2016年から長谷浦で播種を始めた。

 今季から長谷の柏木で出荷販売用の栽培に着手し、約400キロを収穫。うち300キロを6店に出荷し、おおむね350食ずつ、計2100食の数量限定で売り出す。

 伊那市の「信州そば発祥の地伊那そば振興会」の飯島進会長は、「早く食べたいという声も出ていた。昔、殿様が食べていたかもしれない究極の高遠そば。ブランドとして定着させるとともに、栽培面積と担い手を増やして農業・地域振興につなげたい」。セレモニーで白鳥孝市長は「いろんな人たちの力を結集して復活に至った。信州そば発祥の地・伊那にとっても大きなステップ」と語った。

 信州大学農学部の井上直人特任教授(作物学)の成分分析調査で、優れた味と香りが科学的にも証明された入野谷在来種そば。打ちたてを味わった人は「よくかむと味の違いが分かる。おいしい」などと感想を話した。

 壱刻、ますや、華留運、杣蕎麦、こやぶ、梅庵の6店舗で販売。1日の販売数や価格は店舗で異なる。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク