全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

御朱印帳をイメージしたステッカー台紙を手に、新装「ごくらくセット」をPRする諏訪五蔵のメンバー

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回って特製ステッカーを収集する楽しみを追加。インバウンド(訪日客)の回復を見据え、外国語に対応する特設サイトや宣伝用動画、チラシも作った。デジタルマップ(絵地図)を導入し、五蔵から市内各所への周遊も促す。

 五蔵の酒造めぐりは2013年11月から始め、各蔵でそれぞれ4~5種類の試飲が楽しめる。特製の巾着袋とグラスがセットで付く。これまでの延べ利用者は5万人で、コロナ前には年間8000人が利用した年もあった。

 訪日客の地方誘客の取り組みを対象にした観光庁の支援事業を活用し、コロナ後を見据え、新装ごくらくセットの開発を進めた。各蔵のステッカーと専用台紙は、諏訪五蔵を巡った証しや記念品にしてもらおうと作製。ステッカーデザインは定期的に変え、再来訪につなげる。抽選でプレゼントが当たる従来のスタンプラリーも継続する。

 観光に特化した商品開発を手掛ける「フィールドデザイン」(長野市)が参加し、観光協会のホームページ内に日本語・英語対応の専用サイトを開設した。デジタルマップは新装セットの一部(購入特典)で、中国語にも対応。JR上諏訪駅周辺の観光情報のほか、避難場所など防災情報も入手できるようにした。

 「新たな付加価値で諏訪五蔵の酒造めぐりの魅力をさらに高め、満足度の向上や滞在時間の延長につなげたい」と同協会。諏訪五蔵(舞姫、麗人、本金、横笛、真澄)には今回、多言語への翻訳機能を備えたタブレット端末を1台ずつ置いた。「外国人観光客に限らず、地元の皆さんにも諏訪五蔵のお酒を楽しんでもらえたら」としている。

 新ごくらくセットは3000円(税込み)。上諏訪駅内の市観光案内所(電話0266・58・0120)で購入できる。

関連記事

長野日報社

個性や思いを焙煎で表現 中米産コーヒー専門店オープン 長野県伊那市富県

長野県伊那市富県上新山に中米産コーヒーの専門店「ヤマワラウコーヒーロースター」がオープンした。入江信文さん(38)、春菜さん(32)夫妻が空き家を購入し、焙煎室を併設した小さなカフェに改修。コ...

長野日報社

雪中熟成の純米大吟醸酒「滲」掘り出し 中ア千畳敷 長野県

 「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」を運行する中央アルプス観光(長野県駒ケ根市)は19日、中ア千畳敷(標高2612メートル)の雪の中で3カ月ほど熟成させた純米大吟醸酒「滲(しん)Shin」の掘り出し...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク