全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「甘くておいしい」 2年前に植えたパイン収穫 崎枝小中学校

 崎枝小中学校(嘉良寧校長)の児童生徒11人は18日午後、㈲やえやまファームの崎枝農場で2年前に植えたピーチパインの収穫を体験した。2年かけて大事に育てられたパインを試食して児童生徒らは「甘くておい...

長野日報社

「曽利遺跡」発掘現場で説明会 長野県富士見町教委

 富士見町教育委員会は19日、同町池袋の井戸尻考古館周辺にある縄文時代中期(約5000~4000年前)の「曽利遺跡」発掘現場で、現地説明会を午前と午後の2回開いた。午前中は雨が降るあいにくの天気...

荘内日報社

東北地方梅雨入り 1週間遅く 庄内雨の風情

 仙台管区気象台は19日午前、東北地方が梅雨入りしたとみられると発表した。山形県を含む東北南部は平年より7日、昨年より8日それぞれ遅い梅雨入りとなった。  同気象台によると、19日午前の東北地方...

紀伊民報社

合気道の基本技学ぶ 体育の授業に取り入れ

 和歌山県田辺市の中芳養中学校1~3年生約50人が17日、市立武道館(田辺市扇ケ浜)で合気道の授業を受けた。基本の技を繰り返し練習し、習得に励んだ。  同校は本年度から合気道を体育の授業に取り入...

震災乗り越え再出発 たい焼き店「いっぷく堂」 新店舗で24日から営業 むかわ

2018年9月に発生した胆振東部地震で自宅兼店舗が全壊し、仮設店舗で経営を続けてきたむかわ町のたい焼き店「いっぷく堂」が、町美幸2に新たな店舗を構え、24日に営業をスタートさせる。震災から2年9カ...

観光

荘内日報社

古道歩き歴史感じ 六十里越街道新たな振興策
「ステップアップビジョン」 ..

 「出羽の古道 六十里越街道」の新たな振興策「ステップアップビジョン」策定に向けた現地踏査が13日、鶴岡市田麦俣から湯殿山本宮まで約9キロを約5時間かけて歩くコースで行われた。関係団体の約30人が新緑の...

ゾウと歩み60余年㊦

種の保存を進める  のんほいパークが5月にまとめた方針では、アジアゾウ飼育の目的として、生息域外での保全活動を進めることを挙げている。絶滅も心配される中、生息域外での保全が進めば種の保存に...

ゾウと歩み60余年㊥

当初から雄雌ペアで飼育、繁殖に力  ゾウとの関わりは前身の豊橋市動物園が開園した1954年にさかのぼる。第1号の雌のインドゾウ「豊子」はサーカス出身で、豊橋公園で同年開いた「豊橋博覧会動物...

ゾウと歩み60余年㊤

のんほいパーク待望の群れ飼育へ  豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に5月19日、インドから到着したアジアゾウ3頭が仲間入りした。ともに10歳の雄と雌に5歳の雌。総勢6頭となり、国内屈指の規...

イベント

荘内日報社

今年の赤川花火は… 連続30日夜空にエール 7月23日から1日30発打ち上げ 「コ..

 赤川花火大会実行委員会(会長・五十嵐由浩鶴岡青年会議所理事長)は15日、鶴岡市の出羽庄内国際村で記者会見を開いた。今年はコロナ禍の状況を踏まえ、これまでのような大規模な花火大会ではなく、連続30日間...

荘内日報社

古道歩き歴史感じ 六十里越街道新たな振興策
「ステップアップビジョン」 ..

 「出羽の古道 六十里越街道」の新たな振興策「ステップアップビジョン」策定に向けた現地踏査が13日、鶴岡市田麦俣から湯殿山本宮まで約9キロを約5時間かけて歩くコースで行われた。関係団体の約30人が新緑の...

荘内日報社

五輪のシンボル・聖火 庄内路つなぐ 県内2日目 7日庄内で初のリレー 鶴岡-遊..

 庄内路で初めて五輪のシンボル・聖火がリレーされた―。新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京五輪の県内での聖火リレーが6、7日に行われ、7日午後に鶴岡、遊佐、酒田の3市町で計37人がトーチを掲げて庄...

荘内日報社

鶴岡市長沼・八栄島地区デマンドタクシー 「すまいる号」運行開始 20年近く路..

 鶴岡市長沼、八栄島両地区のデマンドタクシー「すまいる号」の出発式が2日、長沼温泉ぽっぽの湯で行われた。両地区住民が会員登録し、事前予約制で各自宅と市の中心部や近隣町とを1日3往復する乗合タクシーで、...

グルメ

希少な八列トウモロコシで新作菓子 芽室・まさおか

 芽室町の老舗菓子店「お菓子のまさおか」(正岡崇社長)は、町内の川合農場が作る、珍しい八列トウモロコシを使った新商品「フィナンシェ」と「ぷちぷちガレット」の販売を、21日から始める。どちらも150...

荘内日報社

月山筍 一年通しておいしく提供 出羽三山精進料理プロジェクト 旬を瓶詰め

 一年を通して食べられるようにしようと、出羽三山精進料理プロジェクト(土岐彰代表)のメンバーが16日、鶴岡市羽黒町の手向地区地域活動センターで月山筍の瓶詰め加工を行った。  初夏の山菜として...

荘内日報社

甘味十分 庄内産メロンで盛り返し 丸果庄内青果で初競り 1ケース5万円の高値..

 庄内産アンデスメロンが地元市場に出回るようになり10日、三川町の公設庄内青果物地方卸売市場の丸果庄内青果(佐藤玲子社長)で初競りが行われた。5月の日照不足の影響で小玉傾向だが、コロナ禍の影響を受ける...

鹿追町民愛したおやき継ぐ カントリーパパ

 レストラン「カントリーパパ」(鹿追町鹿追北5線、山岸宏代表)が、町民らに長年親しまれてきた「おやき」(大判焼き)の味を引き継いだ、町内産の素材にこだわったおやきの販売を4月に始めたところ、コロナ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク