全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広物産協

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「100年フード」に認定されたことを受けた事業。付加価値を高め、十勝名物としてのレベルアップを目指す。

「十勝豚丼ひまわり」は4月から、全提供メニューで氷室熟成豚肉を使用

 文化庁では、地域で世代を超えて受け継がれてきた料理を、100年続く食文化「100年フード」と名付け、継承・振興を推進している。2021年度に始まり、これまでに250件が認定された。豚丼は23年度「未来」部門での認定で、管内から申請した料理が選ばれたのは初めて。

 認定をきっかけに、同協会では「豚丼の魅力を再構築する機運を高めていきたい」(木戸善範事務局長)と、プロジェクトを始動した。

「ひまわり」で氷室熟成肉提供
 第1弾として、同協会の会員企業である東洋食肉販売十勝事業所(帯広市)で氷室熟成した豚肉を、同じく会員企業のルーキーファーム(同)が運営する飲食店「十勝豚丼ひまわり」(イオン帯広店内)で使用。同店のメニューを刷新した。 氷室熟成豚肉は、ニッポンハムグループの十勝めぐみ牧場(帯広市)の豚肉を氷室で10日間熟成したもの。たんぱく質が分解されて赤身が軟らかくなり、うま味成分は非銘柄豚と比べて2.8倍になるという。

 同店では、ロース部分を7ミリの厚さにカットした「氷室熟成十勝豚丼」(990円)の他、豚汁や豚皿なども提供。ルーキーファームの小原博規業務推進部オペレーションマネジャーは「しっとりとジューシーな豚肉。氷室という十勝ならではの付加価値で、よりおいしい豚丼になった」とPRする。

 氷室熟成豚肉は音更町内のスーパー・ハピオでも販売予定。今後は、同プロジェクトで豚丼のたれの開発も予定している。木戸事務局長は「味や食材の磨き上げで豚丼に対する地元民の意識を変えるところから始め、観光振興にもつなげていきたい」と話している。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク