全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

釧路新聞社〈北海道釧路市〉

 広大な釧路・根室地域をエリアとする地域紙。1946年11月、「東北海道新聞」という名で産声を上げ、後に戦前発行していた「釧路新聞」の題号を譲り受け今日に至る。近年はフリーペーパー「Life(ライフ)」の発行など情報媒体の多様化を進めている。また、8月恒例の「釧新花火大会」をはじめ、「釧新あさ野球大会」などの文化、スポーツ大会を各種実施し、郷土の発展と活性化に努めている。

会社概要

関連リンク

釧路・根室について

 北海道の最東端に位置する釧路・根室地域は2市10町1村からなり、その面積は約14,500km²。北海道面積の17.4%を占める。
 この広大な大地と冷涼湿潤な気候に恵まれた資源を生かし、内陸では酪農業と林業、沿岸部では全国的にも有数の水産業が営まれ、食の一大生産地となっている。
 同時に、世界遺産の知床国立公園をはじめ、阿寒摩周、釧路湿原の3つの国立公園と3つの道立自然公園を擁し、観光地域として海外からも注目されている。

写真ギャラリー

釧路新聞社 関連記事

釧路新聞社

高校生の夢を応援/白糠「久遠塾」開塾

 白糠町が白糠高校の生徒を対象に設置する公営塾「白糠町久(く)遠(おん)塾」が18日、町公民館で開塾した。まちづくりの柱である教育の充実の一環として、新たに着手する。高校生を対象とした町営の公営...

釧路新聞社

クルーズ船客もてなし模擬練習/釧路商業高

 釧路商業高校(小笠原茂美校長)の国際ビジネス科2年生39人は、7月5日に寄港するクルーズ船の外国人乗船客を、習字や折り紙などの日本文化でもてなす。本番を前に12日、市内在住の外国人を迎えて模擬...

釧路新聞社

アイヌ文様刺しゅうに/釧明輝高授業で挑戦

 釧路明輝高校(藤井一志校長)は11日、同校で3年生が「アイヌ民族の衣装と文様」をテーマにアイヌ文様について学び、刺しゅうを体験した。同授業は、通年で実施する同校独自の設定科目「アイヌ学」の一環...

釧路新聞社

韓国舞踊で異文化体験/釧路公立大生

 創立40周年を迎える釧路日韓友好親善協会(栗林定徳会長)は7日、釧路公立大学で、韓国伝統舞踏家を招いての韓国舞踊の体験会を行い、学生らが韓国の文化に触れた。  記念事業の一環で、若い世代に韓...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク