全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

釧路新聞社〈北海道釧路市〉

 広大な釧路・根室地域をエリアとする地域紙。1946年11月、「東北海道新聞」という名で産声を上げ、後に戦前発行していた「釧路新聞」の題号を譲り受け今日に至る。近年はフリーペーパー「Life(ライフ)」の発行など情報媒体の多様化を進めている。また、8月恒例の「釧新花火大会」をはじめ、「釧新あさ野球大会」などの文化、スポーツ大会を各種実施し、郷土の発展と活性化に努めている。

会社概要

関連リンク

釧路・根室について

 北海道の最東端に位置する釧路・根室地域は2市10町1村からなり、その面積は約14,500km²。北海道面積の17.4%を占める。
 この広大な大地と冷涼湿潤な気候に恵まれた資源を生かし、内陸では酪農業と林業、沿岸部では全国的にも有数の水産業が営まれ、食の一大生産地となっている。
 同時に、世界遺産の知床国立公園をはじめ、阿寒摩周、釧路湿原の3つの国立公園と3つの道立自然公園を擁し、観光地域として海外からも注目されている。

写真ギャラリー

釧路新聞社 関連記事

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

釧路新聞社

釧路湿原を照らす夕焼けを堪能【釧路】

世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が27日、今季の運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、29日までの3日...

釧路新聞社

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

釧路新聞社

シカ肉スティックを期間限定で販売【釧路】

  地元老舗スーパーのあいちょう芦野店(釧路市芦野1、相澤長昇店長)は、釧路の栄養士高橋未佳さんが開発したエゾシカ肉を使ったオリジナル商品「しっかりプロテインスティック」を24日までの期間限定で、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク