全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

釧路新聞社〈北海道釧路市〉

 広大な釧路・根室地域をエリアとする地域紙。1946年11月、「東北海道新聞」という名で産声を上げ、後に戦前発行していた「釧路新聞」の題号を譲り受け今日に至る。近年はフリーペーパー「Life(ライフ)」の発行など情報媒体の多様化を進めている。また、8月恒例の「釧新花火大会」をはじめ、「釧新あさ野球大会」などの文化、スポーツ大会を各種実施し、郷土の発展と活性化に努めている。

会社概要

関連リンク

釧路・根室について

 北海道の最東端に位置する釧路・根室地域は2市10町1村からなり、その面積は約14,500km²。北海道面積の17.4%を占める。
 この広大な大地と冷涼湿潤な気候に恵まれた資源を生かし、内陸では酪農業と林業、沿岸部では全国的にも有数の水産業が営まれ、食の一大生産地となっている。
 同時に、世界遺産の知床国立公園をはじめ、阿寒摩周、釧路湿原の3つの国立公園と3つの道立自然公園を擁し、観光地域として海外からも注目されている。

写真ギャラリー

釧路新聞社 関連記事

釧路新聞社

自然との景観堪能/羅臼で知床雪壁ウオーク

 知床羅臼町観光協会などが主催する「知床雪壁ウオーク2019」が14日、冬季閉鎖中の知床横断道路(国道334号)で開かれ、参加者は世界自然遺産の雄大な景観を堪能した。205人が参加した羅臼コース...

釧路新聞社

弊舞橋 自閉症啓発へライトアップ【釧路】

 幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

釧路新聞社

クレインズまた会おう 最後の感謝デーにファン800人

 釧路を本拠地とするアイスホッケー実業団の日本製紙クレインズは3月31日、日本製紙アイスアリーナで、2018―19ラストファン感謝デーを行った。今季限りで廃部となるチームにとっては最後の公式行事。...

釧路新聞社

目標10万筆あと一歩/クレインズ存続署名活動

 アイスホッケーの地元実業団である日本製紙クレインズの廃部発表を契機に発足した「氷都くしろにクレインズ存続を願う会」(寺山博道代表)は24日、釧路市内外で、署名活動を行った。釧路商工会議所に28...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク