全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

個性や思いを焙煎で表現 中米産コーヒー専門店オープン 長野県伊那市富県

店舗入り口で笑顔を見せる入江信文さん、春菜さん夫妻

長野県伊那市富県上新山に中米産コーヒーの専門店「ヤマワラウコーヒーロースター」がオープンした。入江信文さん(38)、春菜さん(32)夫妻が空き家を購入し、焙煎室を併設した小さなカフェに改修。コーヒー豆の焙煎と販売に加え、山間の集落や田園風景、裏山の雑木林を眺めながらコーヒーや焼き菓子を楽しめる。2人は「中米産コーヒーの個性や農園主の思いを焙煎で表現したい。皆さんの癒やしスポットになれば」と話している。

兵庫県川西市出身でパティシエの信文さんと伊那市生まれの春菜さんは、ともに東京都世田谷区の中米産コーヒー専門店「カフェテナンゴ」で焙煎技術を学んだ。信文さんは昨年、3カ月かけて中米諸国のコーヒー農園を巡り、農園主から豆を購入。一足先に伊那市に戻った春菜さんが、市内で物件を探していた。

空き家は、里山の景色に「一目ぼれ」(信文さん)して取得。昨年6月に信文さんが移住し、同年12月からは夫妻も参加して改修工事を進めた。店舗は築約80年の木造平屋建て。無垢のはりや天井板は生かし、床板やカウンターにはクリ材を使った。焙煎室には3キロの豆が焼ける焙煎機、厨房設備、オーブントースターを置いた。

店名は、季語の「山笑う」にちなみ、コーヒーを通して笑顔が集う場所になればという思いを込めた。座席数は10席。眼下に上新山の風景が広がる。裏山の雑木林を見ながら過ごせる空間もある。扱うコーヒー豆は10種類ほどで、春菜さんが焙煎部長を務める。店主の信文さんは季節のフルーツを使ったタルトなどの焼き菓子を提供する。

今月6日、春菜さんの誕生日に合わせて開店。移住後に出会った仲間や新山の人たちの温かな思いやりを実感する日々という。信文さんは「新山にお店を呼んでイベントを開けたら。地域のためにできることをしていきたい」と話している。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク