全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

昔ながらの農業学ぶ 「タカキビ」を収穫・脱穀 小浜小中

タカキビを収穫する子どもたち(小浜小中学校提供)

 【小浜】小浜小中学校の児童生徒がこのほど、八重山でも栽培農家が少ないとされている「タカキビ」の収穫と脱穀体験を行った。小浜島でタカキビを栽培する竹本真良さん(88)の協力下、昔ながらの農業を学んだ。

 タカキビは熱帯、亜熱帯で生産される乾燥に強いイネ科の穀物。モロコシ、コーリャンとも呼ばれている。

 12日、竹本さんの畑で中学生7人は、茎から30㌢程度残して穂を刈り取るよう説明を受け、収穫作業を行った。

 20日、数日間干したタカキビの脱穀を小学3、4年生15人が体験。竹本さんは児童らに、脱穀機がない時代は2本の竹の間にタカキビを挟んで脱穀し、その後は「千歯扱き」と呼ばれる鉄製の歯にタカキビを通しての脱穀、「足踏み脱穀機」へと脱穀の効率化が進んだことを説明しながら、農業の楽しさを伝えた。

竹本真良さん(左)の指導を受けて脱穀作業をする児童(小浜小中学校提供)

 収穫・脱穀の2日間を終えて、生徒は「稲やアワの収穫体験は経験したことがあるけど、タカキビは見たことがない。米に似ているなと思った」とうれしそうに収穫体験を振り返った。

 児童は「昔の脱穀の仕方や今の状況も分かったので、楽しかった」と収穫の喜びを感じていた。

 タカキビは、精米機で不純物を取り除いた後、ご飯に混ぜて炊き上げ、同校の給食で提供される予定。

 また、タカキビを食材として使用しているレストラン浮島ガーデン=那覇市=のシェフを同校に招き、タカキビハンバーグ作りも計画している。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク