全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

島崎藤村のめい・こま子の手紙 長野県諏訪市で見つかる

祖母の木原きく江さん宛てに届いた島崎こま子の手紙やはがきを保管し、スライドにして後世に残す伊藤文夫さん(右)

 明治、大正、昭和と生き抜いた文豪・島崎藤村の衝撃的な小説とされた「新生」に、「節子」として登場する、藤村のめい島崎こま子の自筆の手紙が、諏訪市小和田の伊藤文夫さん(73)宅から見つかった。こま子と幼なじみだった伊藤さんの祖母木原きく江さん宛てに届いた手紙とはがき。最近ラジオで特集されるなど、ひそかな「藤村ブーム」の中で、伊藤さんは「祖母がよく残してくれた。スライドにまとめて後世に伝えたい」としている。

 小説「新生」は1918(大正7)年から東京朝日新聞に連載された。モデルとなった島崎こま子(1893~1979年)は、家事手伝いとして藤村宅に住み込み、20歳の時に男児を出産、藤村は仏に逃避行した。帰国後関係が復活したが、30歳を前に一切を清算し新しい道を歩み始めた。

 こま子からの手紙とはがきは、姉の久子と上京した15歳のころ、きく江さんと文通したものだった。いずれも近況報告、古里を懐かしむ内容で、はがき裏面には、こま子の通っていた三輪田高等女学校の校舎が写っている。

 「お宝」は長年、伊藤家の仏壇の引き出しに和紙に包まれてあった。以前からその存在は聞いていたが、手に取ったのは今年の3月。その後、祖母のルーツを尋ね、木原医院を経営していた生家は当時、妻籠宿本陣の姉妹の島崎家と向き合っていたことが分かった。

 県文化財保護協会理事を務める伊藤さんは4月、南木曽町博物館の磯村和美学芸員に真偽を依頼。「きく江さんとは幼な友だちで、両家とも当時としてはインテリで、文通のやりとりができた」「三輪田女学校に通い、達筆で表現に文学的素養が感じ取れる」とし、「本物と思われる」と考察した。

 伊藤さんは、かつて藤村が自宅を訪れたと伝え聞く塩原晴彦さん(73)と手紙を読み下し、藤村、こま子が強く生き抜いた足跡も交えCDに収録。「手紙の存在がきっかけで『新生』などを読み、藤村文学に興味を深めると偉大な文学者を改めて実感した。次代の人たちが少しでも興味を持つきっかけになればうれしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク