全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

ORION─3で販売を開始した「ダンクパフェ」

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢いたっぷりに表現している。バスケで誘客を推進しようと、市が飲食店に開発を呼び掛けてきたバスケの飲食メニューの第1弾となった。
 同市は、バスケットボールのアニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」の大ヒットを受け、聖地巡礼として来訪者が増えている。市は、この流れを一過性で終わらせず、街なかでの経済効果につなげようと、6年度にバスケツーリズム事業を実施。取り組みの一つがバスケの飲食メニューの開発支援で、各飲食店に提案してきた。
 1店目として手を挙げたのがORION─3。もともとパフェが人気メニューなこともあり、「ダンクパフェ」を考案して先月下旬から販売を開始した。
 ビールジョッキにたっぷりとソフトクリームを入れ、鈴型のカステラをボールに見立てて配置するとともに、ポッキーや小さなチョコもトッピング。遊び心をにじませながら、ダンクシュートが勢いよく決まる様子を表現している。ソフトは甘さ控えめでさっぱりし、カステラとの相性が抜群。ボリュームも満点だ。
 店主の藤嶋さん(71)は「スラムダンクがはやっているので、名前にダンクを付けた。観光客に楽しんでもらいたい。バスケミュージアムに来たら、ぜひ街なかの店にも足を運んでほしい」と話した。
 7月27日までの期間限定発売。価格は税込み1千円で、チョコレート、ブルーベリー、ストロベリーから好きな味を選ぶ。
 一方、バスケの飲食メニューは、第2弾がまだ決まっておらず、市は期限を6月28日まで延長して飲食店を募っている。先着4店舗で、謝礼として1万円を支払う。問い合わせは市観光振興課(☎0185・89・2179)へ。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク