全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サンマ初水揚げ1㌔最大14万円【根室、厚岸】

 【根室、厚岸】農林水産大臣許可のサンマ棒受け網漁の小型船(10㌧以上20㌧未満)が18日夜に根室・花咲港と釧路管内厚岸漁港に戻り、計4隻が約1・6㌧の初水揚げを行った。うち花咲市場での初競りでは昨年の初水揚げの2・6倍となる1㌔当たり14万400円(税込み)の過去最高値を付けた。(山本繁寿、河辺由記子)

 13年連続サンマ水揚げ日本一の花咲港には18日夜に歯舞漁協所属の「第55錦隆丸」(19㌧)が帰港、翌19日午前4時30分に発泡ケース73箱(469㌔)の水揚げを行った。同日の競りでは120㌘サイズに14万円超の値が付き、昨年の初水揚げの5万4000円を大きく上回る結果に。昨年の初水揚げは90㌘サイズが最大で、市場関係者によると「不漁予想の中、近年の走りにしては大きい120㌘サイズが入っていたからではないか」と話していた。

 錦隆丸の北見瑛二漁労長(37)によると公海の1200㌔ほどの場所で漁を行ったそうで、サンマはいるが魚群は薄く、水温も20~21度ほどと高いという。「昨年よりは良いがもっと獲ってきたかった。脂乗りはいまひとつなので食べ方は刺し身がいいかな」と話していた。

 厚岸漁港には18日夜、3隻が1・1㌧を水揚げ。厚岸卸売市場の19日の競りでは、1㌔当たり3万3000円から520円の値を付けた。最高値で競り落とした厚岸漁協エーウロコの加藤大将参事は「天候が良くない中、漁業者が苦労して水揚げしてくれた思いに応えたかった。今後、隻数が増えてまとまった量が揚がることに期待したい」と話した。

 サンマ棒受け網漁は20日の大型船出漁で本格化する。

発砲スチロールに入り競りにかけられるサンマ(19日午前7時ごろ、厚岸漁協地方卸売市場)

< img src="http://kyodoshi.com/cawm-content/uploads/2023/08/202308192054080_l.jpg" class="img_100" />

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク