全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝毎日新聞社の記事一覧

3年ぶり部分日食 十勝管内各地でも観測

 月が太陽の前を横切り、太陽の一部が隠される「部分日食」が6日、十勝でも各地で観測された。  部分日食は2016年3月以来、約3年ぶり。前回は太陽の左下が一部欠けるのみだったが、今回は最大で...

世界の8強 6日から激突 アイスホッケー日本代表が記者会見 帯広

 アイスホッケーの女子U18世界選手権(国際アイスホッケー連盟主催)が6日、帯広の森アイスアリーナなどで開幕する。世界選手権の最上位ディビジョン(1部相当)開催はカテゴリーに関わらず日本初とな...

故郷に「またね」Uターンピーク 帯広空港

 年末年始を故郷の十勝で過ごした人たちのUターンラッシュが4日朝から始まった。とかち帯広空港やJR帯広駅には、重い荷物を抱えた利用客が詰め掛け、家族との別れを惜しむ光景が見られた。  空の便は...

正月開催 前年超える ばんえい十勝

 1、2両日のばんえい十勝(帯広市主催)の正月開催は、馬券発売額と帯広競馬場来場者数ともに前年を上回った。競馬場内の関連イベントには家族連れなどでにぎわっており、新春から大きな盛り上がりを見せてい...

藤丸で初売り 多くの人でにぎわう

 帯広市内の大型店などでは1日から、新年の初売りが行われている。各店は正月恒例の福袋やセール品を求める人でにぎわっている。  2日が初売りとなった藤丸では、午前9時半の開店前から約500人が並...

帯広畜産大学馬術部 恒例の馬上参拝

 帯広畜産大学馬術部(黒田葉月主将、部員23人)は1日、馬2頭とともに帯広市内の帯廣神社を参拝した。  新春恒例の「馬上参拝」。黒田主将(3年)が「柏艶号」(10歳、牝馬)に、日笠滉大副将...

平成最後の年越し そば店せわしなく 帯広

 帯広市内のそば店「蕎麦処 開拓舎」(麻生伸店長、東1南5)では31日、持ち帰り用と店内で提供する分を合わせて約350食分を用意し、スタッフ3人が満面の笑みで次々と訪れる来店客を迎えた。  2...

迎春準備着々 鏡餅作り佳境 帯広の大福亭

 帯広市内の大福亭弥生通り店(西3南29、國重敏教店主)では、つきたての餅を職人が手際よく形成し、鏡餅に仕上げている。  新年に向けた鏡餅作りは28日から始まった。國重店主(59)は午前0時半...

故郷 帰ってきたよ 年末年始帰省ラッシュ 十勝

 年末年始の帰省ラッシュが29日、本格的に始まった。各交通機関は帰省客で混雑し、JR帯広駅では久々の再会に笑顔を見せる人たちの姿が多くあった。年明けの交通機関は1月3~5日ごろが混雑する見通し。 ...

「ポテトイ」子どもに人気 帯広はぐくーむに導入

 帯広大谷短期大学助教の馬場拓也さん(27)がジャガイモをモチーフに開発した木製玩具「POTATOY(ポテトイ)」が、帯広の森・はぐくーむ(帯広市南町南9線)の遊び場に導入された。同玩具は今月か...

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集ま...

通知表に一喜一憂 帯広の小学校終業式

 帯広市内の小学校で26日、2学期の終業式が行われた。児童は通知表「あゆみ」を受け取り、約1カ月間の長期休みに入った。  帯広東小学校(菅原優博校長、児童212人)では午前9時40分から始まっ...

浦幌旧吉野小の級友集う 駅ノートきっかけに

 浦幌町内のJR新吉野駅舎内に置かれた駅ノートの中に、中学校卒業後、音信不通だった幼なじみのメッセージを見つけたのがきっかけとなった旧吉野小学校1967年卒、旧吉野中学校70年卒のクラス会が17...

サンタクロースとハイタッチ 広尾サンタランドに登場

 ノルウェー・オスロ市から国内で唯一となる「サンタランド」の認定を受けている広尾町に23日、「サンタクロース」が来訪し、家族連れやカップルなどと交流した。  広尾おいしい町づくりの会(土谷典...

買い物客ひしめく 帯広「全市連合」ラストスパート

 今年も1週間余りとなり、3連休中日の23日、小売店はクリスマスや歳暮、正月用品を買い求める客でにぎわった。帯広商工会議所の年末全市連合大売出しも終了目前だが、10万円分の買い物券が当たる1等はま...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク