全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

温海地域限定販売 「摩耶山」新酒まつり楽しむ

摩耶山を心行くまで楽しんだあつみ温泉の新酒まつり

 鶴岡市温海地域の限定販売酒「摩耶山」を楽しむ新酒まつりが3日、同市湯温海のあつみ温泉朝市広場で開かれた。晴天の下、県内外の左党たちでにぎわい、新酒と温海ならではのさかなを楽しんだ。

 「摩耶山」は、温海地域の酒販店で組織する「酒徳会」(佐藤満也代表)が2005年から酒田市の東北銘醸に醸造を依頼した日本酒。摩耶山の湧水が流れ込む同地域越沢地区郷清水の棚田で栽培されたはえぬきを使った地域限定販売酒として定着している。

 新酒まつりは、あつみ温泉の冬場の閑散期に、摩耶山の新酒販売開始時期に合わせたイベントで観光客を呼び込もうと、まちづくりチームYUKAI(五十嵐公行代表)などが中心となって12年から毎年この時期に行っている。

 7回目のこの日は、春の陽気を感じさせる中、会場は多くの来場者でごった返した。駐車場には県外ナンバーの車両も。メーンの摩耶山の飲み放題では搾りたて原酒、濁り酒、本醸造の熱かんなどが振る舞われ、左党たちの長い列ができた。会場ではこのほか地元の飲食店などが出店して、芋煮、特産のべろべろ餅を使ったぜんざいなどを販売した。

 地元の友人3人で訪れた同市温海の会社員、須藤春輝さん(20)は「お酒も飲めるようになって初めて来た。飲みやすくておいしい。地元の人しかいないと思っていたら、予想以上のにぎわいでびっくり」と話していた。

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

長野日報社

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治...

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク