全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

5072人 十勝路快走 フードバレーとかちマラソン

号砲の合図とともに一斉に帯広中心部をスタートするランナー

 「2017フードバレーとかちマラソン」(実行委員会主催、十勝毎日新聞社など共催)が29日、帯広市内を舞台に行われた。6度目の開催となる今回は5072人が出場。ランナーたちは、赤く染まる街路樹が立ち並び、秋の深まる市内を駆け抜けた。

 ハーフ総合男子は齊藤正輝さん(21)=釧路市=が初の栄冠に輝き、2年ぶりの優勝を目指した福島弦太さん(33)=帯広市=は3位だった。同女子は高浜香澄さん(31)=千歳市=が連覇を達成した。

 男女合わせて2729人が出場したハーフは午前9時、藤丸前から一斉にスタートした。あいにくの曇り空で途中から霧雨となるコンディション。午前9時の気温は9.3度と肌寒かったが、ランナーは熱い走りで沿道からの声援にこたえていた。先の衆院選に出馬した鈴木宗男さんもハーフ一般男子65歳以上で出場し、47位でゴールした。

 同9時15分からは5キロ、同25分から2.5キロ、30分には親子ファミリーの選手がスタート。参加者は小旗を振って応援する市民らの声援を力に、思い思いのスピードで秋の帯広を走った。

 大会を支えるボランティアらは約770人が集まった。沿道には給水所が設置されたほか、多くの私設応援団が声援やダンス、飲食物の提供を行った。

 2012年の第1回は3266人が参加。15年から3年連続で5000人以上のランナーが集まるなど、十勝の秋の風物詩となっている。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク