全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

華やかに2500鉢 競演 おびひろ菊まつり

出品された菊をじっくりと見極める審査員

 「第48回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催、帯広菊花同好会共催)が28日、とかちプラザで開幕する。11月1日までの5日間、約2500鉢の菊の展示や、同館南側の南公園で味覚・物産コーナーなどが楽しめる。

 開幕を控え、27日は午前8時から会場で審査会が開かれた。

 今年の出品は「スプレー菊」や「だるま作り」など24種類・約500点。審査を担当した全日本菊花連盟公認指導員・審査員の佐々木政吉北海道支部長と高橋巖一さんは、花の大きさやバランス、乱れの無さなどを慎重に見極め、審査をしていた。表彰式は28日午前10時20分から同プラザで行われる。

 帯広菊花同好会の鈴木信一会長は「今年は花の咲き具合も良く、つくりもうまくできている。総合花壇もいい出来なので、天気に恵まれ、多くの人に来てもらえたら」と話した。

 菊まつりは入場無料。開催時間は午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)。

 問い合わせは帯広観光コンベンション協会(0155・22・8600)へ。

関連記事

長野日報社

「諏訪湖の日」制定を宣言 諏訪で記念イベント

諏訪湖への関心を高めようと定めた「諏訪湖の日」(10月1日)の普及に向け、諏訪湖創生ビジョン推進会議(沖野外輝夫会長)は23日、諏訪湖の日制定記念キックオフイベントを諏訪市湖岸通りのホテル紅やで...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク