全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「バスケの街」に強豪集う 3年ぶり能代カップ開幕

3年ぶりの開催となった能代カップ。能代科学技術などが「バスケの街・能代」で熱戦を展開(能代市総合体育館で)

 第35回能代カップ高校選抜バスケットボール大会が3日、能代市総合体育館で開幕した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、過去2年間は中止したため、3年ぶりの開催。地元・能代科学技術が全国の強豪4チームを迎え、「バスケの街・能代」で総当たりの熱戦を展開する。5日まで。

 能代市、能代市山本郡両バスケットボール協会の主催。昭和63年の第1回大会から35回目を数えた。実力あるチームが集い、その年の高校バスケ界を占う大会として定着している。全国制覇58回を誇った能代工が、学校統合により校名が能代科学技術に変更されて初めての能代カップともなった。
 大会には洛南(京都府)、中部大一(愛知県)、市立船橋(千葉県)、開志国際(新潟県)、能代科学技術の5チームが参加。3日間にわたり総当たり戦を行う。
 コロナ禍での開催に当たり、選手には大会前から体調の管理・把握に努めてもらってきたほか、観客には給水以外の飲食禁止や声援自粛を求めるなど感染防止対策を講じている。
 市バスケ協会の七尾明英会長は開会式で、新型コロナ対策に理解を求めた上で、「観客の皆さんにはバスケを大いに楽しんでもらいたい。選手の健闘を願う」とあいさつした。
 初日は3試合を実施し、中部大一と開志国際が1勝、市立船橋が1勝1敗、能代科学技術と洛南が1敗。
 2日目の4日は4試合を行う。能代科学技術は第1試合(午前9時30分開始)で開志国際、最終第4試合で中部大一(午後3時開始予定)と対戦する。

関連記事

北羽新報社

「嫁見行列」見物客を魅了 能代市日吉神社

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は21日、同神社で行われた。新型コロナウイルスの影響で、3年ぶりの開催。能代山本内外から参加した女性7人が、色打ち掛けを羽織って新...

長野日報社

長野県諏訪市の諏訪湖サマーナイト花火 7月24日から

 長野県諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は19日、諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」の開催概要を発表した。7月24~31日と8月16~27...

長野日報社

御柱祭最終日 コロナ乗り越え感動フィナーレ 長野県

諏訪大社御柱祭の下社里曳きは最終日の16日、最も太い秋宮一之御柱など残る5本の建て御柱を、長野県下諏訪町内で行った。新緑がまぶしい春宮、秋宮の社殿の四隅に新しい御柱がそろい、4月の上社山出しに...

北羽新報社

能代公園に活気 13団体出演し「おもしろアート祭り」

 能代市民有志らによる「能代公園おもしろアート祭り」は14日、同公園の池周辺で開かれた。新型コロナウイルス感染対策を講じながら、市内外の団体による踊りやバンド演奏など多種多彩な演目が繰り広げられた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク