全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

防災への意識高めて あすウオーキングイベント JOCA駒ケ根

能登半島地震被災地を応援するTシャツを手に、ウオーキングイベントの参加を呼び掛けるJOCA駒ケ根スタッフら

 能登半島地震で被災した住民らを応援するイベント「ゴッチャラリー2024」(生涯活躍のまち推進協議会主催)が11日まで、JOCA(本部・長野県駒ケ根市、青年海外協力協会)の拠点を中心に全国各地で開かれている。駒ケ根市ではJOCA駒ケ根が、被災者たちが作ったTシャツやビールなどを販売、現地に届ける応援メッセージを募集中だ。11日には同市中心部の防災拠点を巡るウオーキングイベントを行う予定で、「被災地にエールを送りながら歩き、防災意識を高めてもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 JOCAは、現地の社会福祉法人と共同で運営する輪島市の交流施設などを拠点に支援活動を展開。両者で、被災者たちの働く場所の確保に向け、オリジナルTシャツなどの応援グッズを作る工房兼カフェを立ち上げた。Tシャツなど各商品には「NOTO NOT ALONE(能登はひとりじゃない)」の応援メッセージが記されていて、購入することで被災者の生活を支えることにつながる。

 駒ケ根市内では、JOCAの運営するスポーツジム「ゴッチャウェルネス駒ケ根」などで、現地で作られたTシャツやコーヒー粉などを販売している。同ラリー期間中は、こまがね市民活動支援センター「ぱとな」で応援メッセージを募っていて、掲示板には「1日も早く笑顔が戻りますように」などの心温まる言葉が躍っている。

 最終日には「駒ケ根の災害準備を知ろう」をテーマに、ゴッチャウェルネス駒ケ根を発着点にしたウオーキングイベント「ゴッチャウオーク」を開く。災害危険箇所を確認したり、市の防災倉庫の内部を見学して、災害への備えについて考えてもらう。お笑いコンビのこてつも同行。輪島市などの各拠点とインターネットで結んで、イベントの様子を伝える予定だ。

 JOCA駒ケ根スタッフは「Tシャツを着るなどして歩き、被災地に応援の気持ちを届けることができれば」としている。

 時間は午前9時30分~11時。参加無料で申し込み制。申し込みはゴッチャウェルネス(電話0265・98・8658)へ。

関連記事

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

長野日報社

全国各地の愛好団体集結 長野県駒ケ根市で初の「河童サミット」

「みんなに会いたカッパ(かった)よー」。全国各地のカッパ愛好団体が集う交流会「河童サミットinKOMAGANE」(河童連邦共和国主催)が9日、長野県駒ケ根市で開かれ、同市の団体「駒ケ根天竜かっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク