全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。

 正義は1924(大正13)年、豊橋市生まれ。22歳で日展に初入選し、日本画壇を背負う俊英と評されながら、37歳で画壇の因習に反発して日展を脱退、独自の画風を確立した。77年、52歳で死去した。

生誕100年を記念した中村正義展=ギャラリーサンセリテで

 正義の誕生日(5月13日)に合わせ、3年前から準備を進めていた。サンセリテ収蔵品11点のほか、川崎市の「中村正義の美術館」、正義の生家、地元の収集家らの協力を受けた計21作を展示した。豊橋を描いた「ガスタンク」をはじめ、鮮やかな色彩の「花」、有名な「顔」のシリーズ、繊細に描いた猫やりんご、珍しい年賀状、パステルクレヨンを使って描いた「ちんまんの家」、ダイナミックな書作品などが並ぶ。

 「何年も吟味して集めた作品。少数だが正義の全容が見てもらえる濃い内容となった。じっくり味わってもらいたい」とギャラリーの野尻眞理子さんは話す。 

 期間中、正義の長女で「中村正義の美術館」館長の中村倫子さんによるトークショーもあった。親類をはじめ、市内外からファンや美術評論家ら60人超が会場に詰めかけ、作家であり父である正義の人となりについて聞いた。

正義の人となりについて話す倫子さん(提供)

関連記事

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

長野日報社

全国各地の愛好団体集結 長野県駒ケ根市で初の「河童サミット」

「みんなに会いたカッパ(かった)よー」。全国各地のカッパ愛好団体が集う交流会「河童サミットinKOMAGANE」(河童連邦共和国主催)が9日、長野県駒ケ根市で開かれ、同市の団体「駒ケ根天竜かっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク