全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アオウミガメふ化 「20年後に戻ってきて」

地域の人が見守る中、砂の中から姿を現し、海を目指すアオウミガメ=13日夜、石垣島北部の海岸

 ウミガメの子どもが砂の中から現れて大海へ泳ぎ出ていく―。石垣島北部の海岸で13日、ウミガメのふ化が確認され、小さなアオウミガメたちが足をばたつかせながら障害物を乗り越えて行った。

 子ガメたちの気配を感じると、砂浜の穴の中からミナミスナガニが飛び出してきて子ガメに襲いかかろうとする。初めての自然界の洗礼を振り切って懸命に海を目指した。

 日本ウミガメ協議会付属黒島研究所(若月元樹所長)によると、八重山はアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイの3種類のウミガメが産卵に訪れる貴重な地域。

 黒島西の浜で同研究所が1978年から実施している産卵回数の調査では近年、アオウミガメは増える一方、アカウミガメは減少しており、西表島や石垣島も同じ傾向だという。要因は温暖化や個体数の増減など考えられるが、はっきりしていない。

 標識放流調査でのアオウミガメの個体数の推定によると、この10年間、徐々に増加していることが分かっている。

 この日は午後2時ごろから一匹、また一匹と地表に現れた。5月15日に産卵カ所を発見していた多宇章さんは「テレビで見たことはあったが、実際に見ると感動的。元気に育って20年後また戻ってきてほしい」と感激した様子だった。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク