全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「さんしんの日」 西表で三線の集い 

「さんしんの日」に合わせ三線を演奏する三線の集いの参加者=4日午後、大原公民館

 【西表】八重山古典民謡保存会大浜修三線研究所による実行委員会主催の三線の集いが「さんしんの日」の4日午後、大原公民館で開かれ、地域の三線愛好家と大浜門下生らが午後6時30分から全員で「鷲ぬ鳥節」「目出度節」「鶴亀節」「かたみ節」を斉唱。午後7時のラジオの時報で全沖縄と共に、「かぎやでぃ風」を斉唱した。

 実行委員長の大浜さんは「平成最後のさんしんの日。昨年より多数の参加となりうれしい。来年以降もさんしんの日の集いを楽しく続けていこう」と呼び掛けた。

 余興の部では、豊原の三線グループの「鳩間節」に合わせ豊原婦人会が舞踊を披露。二胡を加えた「童神」「芋の時代」を演奏した。大富のグループは、毎年入植祭で演奏する開拓者の先人「マザカイ節」と、大富婦人会が、「かたみ節」を踊り、移住者の若者も「安里屋ゆんた」で初舞台。指笛や合いの手もにぎやかに皆で盛り上げた。

 大浜修・もえさん夫妻は黒島の「つんだら節」を斉唱。老いも若きも三線を手に、太鼓と笛も駆けつけて、住民や外国人旅行者も大喜びの「さんしんの日」となった。

関連記事

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定 帯広

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定し...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

紀伊民報社

温泉街さっそうと 白浜でトライアスロン

 第6回南紀白浜トライアスロン大会(実行委員会主催)が19日、和歌山県白浜町の白良浜や温泉街を中心にあった。665人が参加し、スイム1・5キロ、バイク(自転車)40キロ、ラン10キロのコースに挑...

長野日報社

登山道コースで限界突破 南箕輪でトレイルランニング大会

長野県南箕輪村郊外の経ケ岳(標高2296メートル)の登山道をコースにしたトレイルランニング大会「第5回経ケ岳バーティカルリミット」(同実行委員会主催)が18日、同村の大芝高原を発着点に開かれた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク