全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一面の雪原キャンバス 一日がかり足跡アート 中札内

雪原に描かれたスノーアート(中札内村、ドローンで撮影。梶山さん提供)

 雪原にミステリーサークル!? 中札内村のとある場所に幾何学模様が出現した。上から見ると、まるでアート作品のようだ。

 村の地域おこし協力隊の梶山智大さん(33)が2月下旬に300メートル×400メートルの村有地いっぱいに描いた。「スノーアート」と呼ばれる作品でスノーシューで歩いて雪を踏み固め、丸1日かけて完成させた。

 「自分の歩いた道がアートになっていたら面白いのでは」(梶山さん)。観光客が減少する冬場に「アートの村」をPRする方法として思い付いたという。

 2020年明けの冬には大々的にスノーアートを公開するイベントを考えている。プロジェクトは「TEN WINTER」(テン・ウインター)で、「十勝(TEN WIN)と「冬(WINTER)」を掛け合わせた。制作風景の動画を公開したところ大きな反響があった。

 梶山さんは「人を呼び込めるよう頑張りたい」と話している。動画は動画共有サイト「You Tube」で「TEN WINTER」で検索。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク