全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対象だったが、今回は初めて誰でも応募できる「地産地消創作豊川いなり寿司コンテスト」には、8歳から40歳までの27人から応募があり、隊員らは13点を入選作品に選んだ。クリスマスにちなんだデザート風や韓国風、東京五輪にちなんで聖火を模したいなり寿司もあり、当日の優勝者には1万円分の商品券が贈られる。  また初開催で、豊川いなり寿司のキャラクターいなりんに関する広い分野の作品を募集する「ウィラブいなりんコンテスト」には4歳から58歳までの38人が応募。いなりんを模したクリスマス使用の植木鉢や、テーブルの廃材を使ったオブジェ、いなりんの友達と題した新キャラを提案したアイデアもあり、当日は豊川稲荷境内の寺宝館1階で全作品を展示。投票により、1位には地域通貨「すわポン・狐娘ちゃんマネー」3万円分、2位には同2万円分、3位には同5000円分が贈られる。

 隊員11人と選考した傘下組織「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」の高木謙太朗隊長は「創作コンテストは、家のパーティーなどでいなり寿司を食べるきっかけになれば」と期待。ウィラブいなりんコンテストには「これだけ集まって、いなりんへの興味の高さを感じた。商品化したい作品もあった」と感激していた。

関連記事

長野日報社

真っ赤な大粒イチゴ みはらしいちご園で出荷開始

 長野県伊那市西箕輪のみはらしいちご園でイチゴの収穫・出荷が始まった。羽広いちご生産組合(井踏岩夫組合長)の生産者が、ハウス内で育てた真っ赤な大粒をパックに詰めて地域の農産物直売所に出荷している...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

十勝産のコラボ弁当 帯広南商と福原 販売

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

そば簾お目見え 新得町で年越し用ピーク

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク