全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対象だったが、今回は初めて誰でも応募できる「地産地消創作豊川いなり寿司コンテスト」には、8歳から40歳までの27人から応募があり、隊員らは13点を入選作品に選んだ。クリスマスにちなんだデザート風や韓国風、東京五輪にちなんで聖火を模したいなり寿司もあり、当日の優勝者には1万円分の商品券が贈られる。  また初開催で、豊川いなり寿司のキャラクターいなりんに関する広い分野の作品を募集する「ウィラブいなりんコンテスト」には4歳から58歳までの38人が応募。いなりんを模したクリスマス使用の植木鉢や、テーブルの廃材を使ったオブジェ、いなりんの友達と題した新キャラを提案したアイデアもあり、当日は豊川稲荷境内の寺宝館1階で全作品を展示。投票により、1位には地域通貨「すわポン・狐娘ちゃんマネー」3万円分、2位には同2万円分、3位には同5000円分が贈られる。

 隊員11人と選考した傘下組織「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」の高木謙太朗隊長は「創作コンテストは、家のパーティーなどでいなり寿司を食べるきっかけになれば」と期待。ウィラブいなりんコンテストには「これだけ集まって、いなりんへの興味の高さを感じた。商品化したい作品もあった」と感激していた。

関連記事

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

スマホQRスタンプラリー開始

 渥美商工会は観光客に地元の飲食店を利用してもらおうと、スマートフォンを使ったポイントラリー「めぐる~めQRスタンプラリー」を年末まで開催している。QRコードで登録して来店ポイントをためると...

本醸造28日発売 帯広畜大・碧雲蔵「初仕込み」第2弾

 帯広畜産大学の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された十勝限定販売の日本酒の第2弾「初仕込み 本醸造」が28日、管内の小売店やスーパーなどで発売される。  碧雲蔵は上川大雪酒造(上川管...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク