全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対象だったが、今回は初めて誰でも応募できる「地産地消創作豊川いなり寿司コンテスト」には、8歳から40歳までの27人から応募があり、隊員らは13点を入選作品に選んだ。クリスマスにちなんだデザート風や韓国風、東京五輪にちなんで聖火を模したいなり寿司もあり、当日の優勝者には1万円分の商品券が贈られる。  また初開催で、豊川いなり寿司のキャラクターいなりんに関する広い分野の作品を募集する「ウィラブいなりんコンテスト」には4歳から58歳までの38人が応募。いなりんを模したクリスマス使用の植木鉢や、テーブルの廃材を使ったオブジェ、いなりんの友達と題した新キャラを提案したアイデアもあり、当日は豊川稲荷境内の寺宝館1階で全作品を展示。投票により、1位には地域通貨「すわポン・狐娘ちゃんマネー」3万円分、2位には同2万円分、3位には同5000円分が贈られる。

 隊員11人と選考した傘下組織「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」の高木謙太朗隊長は「創作コンテストは、家のパーティーなどでいなり寿司を食べるきっかけになれば」と期待。ウィラブいなりんコンテストには「これだけ集まって、いなりんへの興味の高さを感じた。商品化したい作品もあった」と感激していた。

関連記事

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

長野日報社

どぶろくの仕込み佳境 27日に御座石神社で祭り

祭りの宴席でどぶろくが振る舞われる、茅野市無形文化財指定の伝統祭事、御座石神社(同市本町)のどぶろく祭に向け、どぶろくの仕込み作業が佳境を迎えた。仕込みは同神社境内の濁酒醸造蔵で行われており、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク