全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幸福・愛国駅 旅の思い出に… 切符付き台紙発売 帯広

帯観で取り扱いを始めた切符台紙。左が幸福駅、右が愛国駅

 帯広観光コンベンション協会(帯観、梶原雅仁会長)は、帯広の観光名所として知られる幸福駅・愛国駅の切符が付いた記念台紙(2種類)の販売を始めた。

 台紙はもともと売り物ではなく、海外プロモーションでの配布や、イベントの特典用として帯観が作製した。

 ただ、幸福駅の外観を模した観光案内所(JR帯広駅エスタ東館1階の入り口付近)では、幸福駅限定の切符を買い求める観光客や、そうした問い合わせも多く、需要を見込んで1日から販売している。

 二つ折りのポストカードサイズで、中面には淡い色合い、優しいタッチが印象的な駅舎のイラストと、オリジナル切符が付く。裏面には幸福駅・愛国駅の説明が英文で書かれ、帯観の大浦成美さんは「十勝・帯広の旅の思い出にぜひ」とPRしている。

 エスタ東館2階のとかち観光情報センターで取り扱っている。それぞれ1枚350円で、2枚組み(同一種類の組み合わせは対象外)は600円。

 問い合わせは帯観(0155・22・8600)へ。

関連記事

紀伊民報社

美人証明書100人超える 日本三美人の湯宿めぐり

 日本三美人の湯として知られる和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉、群馬県の川中温泉、島根県の湯の川温泉のすべてに入り現地の宿に泊まった人に贈る美人証明書を受けた人が、このほど100人を超えた。  ...

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

新城城よみがえる

設楽原歴史資料館で復元された立体模型など並ぶ  戦国時代に築かれた新城城(しんしろじょう)の機能や関わった人たちを紹介する企画展「新城城~今、蘇る新しき城」が、新城市設楽原歴史資料館で開かれてい...

新たに5品「渥美半島たはらブランド」認定

 田原市は、渥美半島たはらブランドとして新たにトマトジュース、うどん、そば、サーモンの加工品など3社の5品を認定した。山下政良市長が各社の代表者に認定書を手渡した。  市内の法人、個人事業主から...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク