全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幸福・愛国駅 旅の思い出に… 切符付き台紙発売 帯広

帯観で取り扱いを始めた切符台紙。左が幸福駅、右が愛国駅

 帯広観光コンベンション協会(帯観、梶原雅仁会長)は、帯広の観光名所として知られる幸福駅・愛国駅の切符が付いた記念台紙(2種類)の販売を始めた。

 台紙はもともと売り物ではなく、海外プロモーションでの配布や、イベントの特典用として帯観が作製した。

 ただ、幸福駅の外観を模した観光案内所(JR帯広駅エスタ東館1階の入り口付近)では、幸福駅限定の切符を買い求める観光客や、そうした問い合わせも多く、需要を見込んで1日から販売している。

 二つ折りのポストカードサイズで、中面には淡い色合い、優しいタッチが印象的な駅舎のイラストと、オリジナル切符が付く。裏面には幸福駅・愛国駅の説明が英文で書かれ、帯観の大浦成美さんは「十勝・帯広の旅の思い出にぜひ」とPRしている。

 エスタ東館2階のとかち観光情報センターで取り扱っている。それぞれ1枚350円で、2枚組み(同一種類の組み合わせは対象外)は600円。

 問い合わせは帯観(0155・22・8600)へ。

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

長野日報社

目標100人に達成 「諏訪の国」SNS発信者

 諏訪地方観光連盟は9日、諏訪6市町村の観光地域ブランド「諏訪の国」をSNS(交流サイト)を使って売り込む発信者「諏訪の国公式アンバサダー」が目標の100人に達したと明らかにした。100人のツイッ...

モール温泉号に過去最高223人 音更

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の第2号便(6日、JR札幌駅出発)の利用者が、1便の利用者として過去最高の223人に上った。同協会では「温泉号のスタ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク