全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ほっこり」岩波其残の世界 諏訪湖博物館で企画展 長野県下諏訪町

俳画の数々や大作の蚊帳(奥)など岩波其残の晩年作品100点ほどを紹介する企画展=下諏訪町の諏訪湖博物館

 長野県下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館で「癒しのアート KIZAN~カワイイの原点、岩波其残~」が開かれている。下諏訪町ゆかりの文化人、岩波其残(1815~94年)が残した多数の作品の中から、今回は絵画(俳画)をはじめ楽焼、書籍など約100点を並べた。当時の人々の暮らしや動物などをユーモラスに描き出し、心を「ほっこり」させてくれる其残の絵の世界を紹介している。2024年2月25日まで。

 其残は1815年、文出村(現諏訪市豊田文出)の豪農、山田家の長男として生まれ、本名は山田鉄三。幼い頃から絵画や彫刻に親しみ、俳諧を高島藩士・久保島若人に習い、後に諏訪俳壇の中心的存在となる。19歳で家督を継いだが、28歳で弟に譲り、34歳のときに妻みちと全国行脚の旅に出た。長旅を終え、郷里に戻ったのは42歳で、以後は母方の岩波姓を名乗った。

 今展では、其残が71歳から4年間を過ごした、下諏訪の友人・小口正衛の家に伝わった「小口家コレクション」の一部を紹介。小口は59年に生まれ、第5代下諏訪町長を務めた一方、紫金桃の俳号を持つ文化人で、其残と俳画を合作するなど気心の知れた仲だったことがうかがえるという。

 展示では、花見をする人たちやそば屋、動物など人々の日常をスケッチした「イラスト画集」や、短冊や扇、うちわに描かれた俳画、正月をモチーフにした巻物などが並ぶ。初展示の蚊帳は大作で、諏訪湖のような湖で遊ぶ子どもたちの愛嬌あふれる姿が描き出されている。俳人・小平雪人が再評価した其残の楽焼4点も紹介。其残が挿絵を手掛けた、現在のガイドブックに当たる「諏訪土産」の版木も並べた。

 同館学芸員の太田博人さんは俳画や楽焼、書、雅楽、写真など多方面で才能を発揮した其残を「マルチアーティスト」と評し、力の抜けたユーモラスな画風には「現代のアニメや漫画の原点」を感じると指摘する。「古さを感じないポップな絵の世界を楽しんでほしい」と話している。

 月曜(祝日の場合はその翌日)と年末年始(29日~1月3日)は休館。午前9時~午後5時。問い合わせは同館(電話0266・27・1627)へ。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク