全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

先人の思い次世代へ 奄美市で日本復帰70周年前夜祭 高校生らが成果発表

復帰を語り継ぐことへの思いを共有し、六調でにぎやかに交流を広げる出演者たち=24日、鹿児島県奄美市名瀬

 奄美群島日本復帰70周年記念日を前に、前夜祭「島ぬ未来ぬYOU LIVE~結らイブ~」が24日、鹿児島県奄美市役所前市民広場で開かれた。地元高校生らが出演し、復帰について学んだ成果発表などを通して、先人たちの思いを次世代につないでいく決意を新たにした。

 イベントは奄美市メモリアルイベント実行委員会が主催。「語り継ぐ~次世代へ~」をテーマに、高校生など若い世代が中心となって準備を進めた。当日は約600人が訪れた。

 ステージは奄美高校郷土芸能部の島唄と八月踊りで開幕。奄美市少年少女合唱団による「日本復帰の歌」「朝はあけたり」や、大島高校書道部のパフォーマンスが続いた。同校ダンス部の演目「同胞よ、立ち上がれ」では、部員たちが復帰を目指す奄美の人々の熱い思いを躍動感あふれる舞で表現した。

 大島北高校の生徒たちは、地域住民の経験を記録する「聞き書きサークル」の活動を報告。戦時中や米軍統治下の生活について学んだことを日本語と英語で発表した。

 有志の高校生らが組織する学生団体「Annacoto(アンナコト)」は、群島内4島を回って集めた語り部たちの証言やメッセージを紹介。「美しい奄美に誇りを持ち胸を張ってこの島で生きていきたい」「先人たちがつないだ奄美のバトンを次の世代に語り継ぐ」と誓った。

 音楽ステージには歌手の元ちとせさんも出演し、全員で「懐かしい未来へ」を合唱。最後は六調で締めくくり、会場の人たちがにぎやかに交流の輪を広げた。

 同市名瀬の沖島正樹さん(67)は「一生懸命調べて先人の声を届けようとする気持ちが伝わり頼もしく感じた」と高校生たちの活躍に目を細めた。

 司会を務めたアンナコトメンバーの城音羽さん(奄美高2年)は「思いを伝えることができた」と笑顔。「70周年は転換期。語り部が少なくなる中、これからは私たちが復帰について周りに広めていく必要がある」と語った。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク