全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

秋冬登山、リスク判断できる人と 山岳気象予報士・猪熊さんに聞く 長野県

秋冬の八ケ岳連峰は地形的な特徴から西風が強まる。地図を基に解説する猪熊隆之さん

 日ごと秋が深まり、色付く山々。気温が下がり、八ケ岳連峰では初冠雪の便りも。秋から冬への季節の変わり目。山では気象環境が変化しやすく、寒暖の差も大きい。登山には難しい判断を迫られる場合もある。これからの八ケ岳登山に気を付けることは何か。山の天気予報専門会社のヤマテン(長野県茅野市豊平)を営む山岳気象予報士の猪熊隆之社長(53)に話を聞いた。

 猪熊社長は2007年に気象予報士の資格試験に合格し、山岳ガイドや引率者の天候判断の誤りによる遭難をゼロにしたいと、11年にヤマテンを創業した。今月7日朝に栃木県の朝日岳で60~70代の男女4人が亡くなって発見された山岳遭難では、同社は3日午前、中部山岳から栃木、福島県境の那須連峰を含む東北地方、北海道の広い範囲の山岳に極めて気象リスクが高まるときに発表する「大荒れ情報」を出していた。

 秋から冬にかけての登山について、猪熊社長は「秋の登山は冬山登山となるリスクも考えるべきだが、経験が浅い人やグループがリスクを十分に理解せず、山に入るケースが増えている」と指摘。背景には、紅葉や雪山の美しい写真とともに発信されるSNSの情報を基に、秋や冬の登山の良い面だけを見て、リスクにまで思いが至っていない実態があるという。

 山頂や稜線ではなく、麓のまちの天気や大雑把な判定を参考に入山を決めているケースも。「晴れていても急に吹雪くことがあるのが山岳。山に入るのであれば、山特有の気象状況を把握しておくことが必要」と強調する。

 秋から冬にかけての八ケ岳連峰は、乗鞍岳と御嶽山の間を抜けて強まった西風を直接受ける地形的な特徴があり、「森林限界より上の気象条件は厳しくなる」と語る。低体温症になる主な原因は「風」「濡れ」「低温」。「特に強い風や着衣の濡れにより体温は奪われる」という。

 入山に当たっては、事前に登山ルートの特徴をよく把握し、天気は当日だけでなく、入山の3日前ほどから確認してリスクに備えるよう求める。「天気図や気象状況も参考にしながら、危険性を正しく認識し、適切なタイミングで引き返す判断ができる人と一緒に登り、経験を積んでほしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク