全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ボートサミット・全国交流レガッタ歓迎 下諏訪南小の児童と向陽生がのぼり旗制作 長野県

のぼり旗に参加する市町村名を書き入れる下諏訪南小の児童ら

9月29日~10月1日に長野県下諏訪町を中心に開催される「第36回全国ボート場所在市町村協議会首長会議ボートサミットinしもすわ・第32回全国市町村交流レガッタ下諏訪大会」に向けて、下諏訪南小学校で28日、会場で掲げる参加市町村ののぼり旗作りが行われた。同校6年生90人と下諏訪向陽高校(同町)1年生29人が協力して作業を進めた。

町などでつくる実行委員会は、訪れる選手や関係者を歓迎するため、加盟する32市町村ののぼり旗制作を計画。町内の子どもたちにも大会に携わってもらおうと、町内4小中学校と同高校に6~7枚ずつ制作を依頼した。学校側では、この機会に子どもたちの年代を超えた交流ができれば―と調整して、今回、南小の制作を、芸術の選択科目で美術を選択する向陽高1年生が手伝う形で実現した。

作業は6班に分かれて行い、高校生が児童にアイデアを聞き、役割分担を伝えながら進めた。各班とも担当する市町村名の文字とともに、その町を代表する花や動物、特産品のイラストを取り入れた。この日は全ての班が途中で作業を終えたため、南小では9月4日に完成お披露目ができるように、各クラスごと授業で続きを行うという。

作業に参加した児童(12)は「高校生と仲良くなれるか心配してたけど、打ち解けられて良かった。(担当した)登米市の人に喜んでもらえるように仕上げたい」と笑みを見せ、漕艇部に所属する生徒(16)は「全国の大きな大会が下諏訪で開かれるのはうれしいし、楽しみ」と話した。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク