全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

迫る統一地方選 根室市区 最後の道議選か 視点焦点

 【根室】統一地方選が約2週間後に火ぶたを切る。この選挙で根室市区の道議選が``最後、、となるのをご存じだろうか。4年後には根室管内1市4町で1人を選ぶことになる。公職選挙法の基準を下回ったことが要因で、いわゆる「人口割」だ。北方領土返還要求原点の地であり、対ロシア漁業を抱える根室の議員を減じることは返還運動の後退につながらないか。ロシアのウクライナ侵攻で冬の時代を迎えている根室管内。人口の多少で割り切れる問題ではない。

 昨年3月、道議会議員の定数が変更された。恵庭市が定数1から2に、釧路市が定数4から3に。単一自治体で選挙区を維持するための公職選挙法基準(道議1人当たりの人口5割以下)を下回った根室市は、北方領土や漁業問題を抱えているため「特例」として定数減が先送りされた。

 ただ特例は「原則1回」とされている。つまり4年後には根室管内選挙区と合区になり、1市4町で「定数1」となる見通しだ。

 道議は「定数100」。中でも札幌市選出議員は28人を数える。札幌市は「政令指定都市」で、道に準じた権限を持つため、道を介することなく国とやりとりが可能なのだ。そうした都市に28人も必要なのだろうか。

 こうした「人口割」に異を唱えるのが、根室市の石垣雅敏市長だ。行政区域(歯舞群島)を外国に奪われている国内唯一の地域であり、「北方領土返還要求原点の地から道議会議員がいなくなるなどあり得ない」と憤る。広大な北方領土の交付税も面積割で北海道に入っていることもあり「ただ単に人口割で良いのか。北海道に合った道議会議員の定数をどうするのか、選挙後の大事な課題だ」と話し、「島が返るまで(道議会議員の定数は)根室市1、根室管内1を堅持するため地域と意識を共有したい」と話している。

 根室商工会議所の山田康志会頭は「1票の格差は理解できるが、地方の切り捨てにならないか。人口割なら道議は都市部にしかいなくなる。市長の話はこの地域の声だ」と話している。

 北方領土や漁業問題はウクライナ侵攻で冷戦時代に逆戻り。特例理由に北方領土があるなら、事態はより悪化している。公選法では「当分の間、合区見送り」も認めており、特例延長を求める方法もありそうだ。

道選管根室支所の道議選立候補予定者説明会に顔をそろえた根室市区(左)と管内区の選対関係者。この光景がいつまで見られるのか

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク