全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景に思いをはせながらJR苫小牧駅南口から旭町の詩碑前まで約1キロを歩いた。

「海鳴り」の詩が書かれた歩道のプレート前で足を止める参加者=18日午前11時ごろ、苫小牧市表町

 同イベントは「賢治の道を歩く会」(田中弘美代表)が主催。賢治と苫小牧の縁を後世に伝えよう―と2017年に始まったが、主催者の高齢化などを理由に今回が最後になった。

 賢治は1924年5月21日、来苫。同日夜の散歩道で見た風景に触発され、「牛」「海鳴り」といった詩を残したとされる。

 この日は、同会の丸山伸也事務局長が岩手県花巻農学校の修学旅行引率教師として訪れた当時の、まちの様子や旅程を解説。賢治が宿泊した富士館の跡や代表作「銀河鉄道の夜」のモデルとされる王子軽便鉄道(通称・山線)の車両が展示保存されているアカシア公園(王子町)も巡った。

 浦河町から参加した牧場経営、辻芳明さん(75)は「苫小牧は賢治が詩や童話などの着想を得た心の出発点ともされている。歩くことができてうれしい」と感慨深げだった。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク