全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を14日、おびひろ動物園で初開催した。参加者は動物の習性などについて語られる説明を、タブレット端末や要約筆記の文字で読み理解を深めた。今回は関係者向けだったが、今後は広く一般向けにも企画する予定だ。

アプリの音声を文字化する機能を活用してガイドの説明を把握する参加者ら。うなずきながら園内を歩いていた

 難聴者らがガイドや講演会などに参加するには、通訳者の調整が必要な場合が多く、積極的に参加することができない現状があるという。聞こえにかかわらず楽しめるようにと企画し、協会員と帯広市要約筆記サークルたんぽぽのメンバー計16人が参加。動物園の稲葉利行園長が案内した。

 UDトークは、会話の音声を手元のタブレット端末などの画面に即座に文字で表示する機能を持つ。利用者は事前に自身のスマートフォンなどにアプリをダウンロードして使う。

 稲葉園長は、無線通信技術で参加者の端末とつながったマイクを使って説明。利用者は手元に表示される内容にうなずきながら、文字を目で追っていた。筆談利用者は、要約筆記通訳者が書き取った内容を確認した。

 稲葉園長が馬ふれあい舎の来園者向け手洗い場を案内した際には、プレオープン時に来園者タイルや馬の蹄鉄(ていてつ)などで飾り付けしたエピソードを紹介。端末の表示に見入っていた参加者の一人は、「これは説明がなければ気付かなかった」とつぶやき、ガイドの良さを実感していた。

 アプリを利用した佐々木会長は「変換しづらい言葉があるものの、それを理解した上で活用できる。圧倒的に情報量が多く、精度も高い。有効だ」と評価。アプリを使ってガイドの話を文字化し、QRコードを設置して説明を見られるようにすることを提起した。

 さらに「聞こえは人それぞれ。コミュニケーション支援には多くの種類があり、メリット、デメリットがある。その人に合った方法を自身で選択できることが大切」と強調。障害者差別解消法が改正され、今年4月からは事業者による障害のある人への合理的配慮の提供が義務化された。それも踏まえ、「きちんと整備してほしい」と語った。

 UDトークは、全国の自治体や企業、学校などで導入されており、会見や議会中継の字幕配信などにも活用されている。帯広市でも一部講演会などで活用事例があり、同協会では導入に向けた要望を行っている。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク