全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

軽石除去でブロック賞 与論中生徒会 ボランティア・スピリット・アワード

ボランティア・スピリット・アワードブロック賞の表彰状を手に受賞を喜ぶ与論中の田中さん(中央)と德重校長(左)、小水流教諭=22日、与論町

 ボランティア精神を発揮し、自ら行動を起こしている中高生をたたえる「第26回ボランティア・スピリット・アワード」(プルデンシャル生命保険など主催)の審査がこのほどあり、鹿児島県与論町の与論中学校生徒会が九州で唯一、ブロック賞に選出された。昨年、取り組んだ軽石除去作業が評価された。

 同アワードには、全国の中高生(個人72人、グループ1万1661人)からボランティア活動をつづった355通の応募があり、ブロック賞30組、コミュニティ賞150組が選ばれた。

 与論中生徒会は2021年11月、小笠原諸島の海底火山噴火の影響で流れ着いた大量の軽石が、島の漁業や観光業に被害を与えていることを知り、除去活動を企画。生徒会担当の小水流斉弘教諭と協議を重ね、德重正宏校長の承諾を得て、全校生徒や教諭、保護者、地域住民を巻き込んでの作業実施を決めた。

 11月13日には島内3カ所の海岸で軽石を回収。その後も、部活動や個人単位で軽石除去を続ける生徒がいたことなど、活動の継続性も評価のポイントとなった。

 生徒会役員の一人として同アワードへの報告書をまとめた田中優里明さん(15)=3年=は、受賞を受け「与論の美しい海を次世代につなげるため、軽石や海ごみ拾いの活動をしながら、与論からボランティア意識を広めていきたい。高校に入ってからも個人的に人のためにできることをしていきたい」と話した。

 德重校長は「与論の海の状況を見て、生徒らが何とかしようとの思いに至り、その活動が評価されてうれしい。今後も生徒たちが成長する過程で課題を見つけ、力を発揮していってほしい」とたたえた。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク