全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

霧ケ峰に雪道運転訓練場 正式オープンに先立ち警察車両走行 長野県

「霧の駅」跡地の駐車場に開設した雪道運転の訓練場で走行するパトカー=諏訪市霧ケ峰

観光道路「ビーナスライン」で地域経済の活性化や安全運転の促進に取り組むイベント企画業「Tm.DEPO」(長野県茅野市宮川)は、今年5月31日に閉業した諏訪市霧ケ峰のドライブイン「霧の駅」跡地の駐車場に雪道での運転訓練場を開設した。正式オープンに先立ち、26~28日には諏訪、茅野両署員らが合同訓練を行っている。来年1月15日から営業を始める。

同社は、実際の路面状況に近い訓練場が諏訪地方に少ないため、アスファルト舗装の雪道訓練場を企画。土地所有者の下桑原牧野農業協同組合に許可を得て、管理者の霧ケ峰インターチェンジ観光商業会とともに運営する。

12月中旬ごろから整備を始めた。同駐車場に約4000リットルの温水をまいて凍結した下地を作った後、作業車両で積雪を固めて圧雪路面を再現した。70~100メートルの直線コース4本と旋回走行のコース5カ所を設置。要望に合わせてコースを変更でき、利用者自身の車両で訓練できるのも特徴の一つ。

岩波敏樹社長は「最近の車は性能が向上しているが、使い方を知らない人も多い」とし、「安全な環境で思いっきりブレーキを踏んで車の機能を試してほしい。自治体や企業の職員研修でも活用してもらいたい」と話している。

26日の訓練には両署員や県警交通機動隊員ら約20人が参加し、パトカーや事故処理車両など5台で訓練を実施。直線コース3本を速度別に分けて急ブレーキやハンドル操作を体験したほか、8の字走行も行った。車体の後部が左右に振れたり、積雪にはまったりする車両も見られた。

訓練後、署員らは「速度が出ているほど制御が効かなくなり、スピードを落とす大切さがわかった」「凍った路面での操作の限界を知れた」などと感想。諏訪署の保谷祐輔交通課長は「一般道と近い条件での訓練は貴重な機会。いい経験になった」と述べた。

営業開始の1月15日は午前9時から、一般参加者を募って「ビーナスドライバースノーレッスン」を開催。日本自動車連盟(JAF)の隊員らを講師に招く。12月27日からイベントの参加申し込みと訓練場の利用予約を始める。

営業は2月下旬ごろまでの予定。15日は参加費5000円。定員は20人程度だが、当日参加も受け付ける。問い合わせは同社(電話0266・55・4705)へ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク