全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

躍動感あふれる演舞を披露 児童生徒による「シバヤ」発表会 諸鈍小中学校

演目「キンコウ節」で迫力のある演舞を披露する児童生徒ら=4日、鹿児島県瀬戸内町諸鈍

 旧暦の9月9日(クガツクンチ)に当たる4日、鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍小中学校(赤池夏樹校長、児童生徒22人)体育館で、国の重要無形文化財「諸鈍シバヤ」の発表会があった。地域住民や保護者らが見守る中、児童生徒と職員らが紙面(カビディラ)を着けた姿で登場し、計8演目を披露。躍動感あふれる堂々とした舞で観客を魅了した。

 諸鈍シバヤは壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落人が広めたという伝承があり、諸鈍集落の大屯(おおちょん)神社で毎年旧暦9月9日に奉納される。出演者は全員男性。かつては20種類ほどあったとされる演目のうち、現在11種類が継承されている。

 新型コロナウイルスの影響により同神社での奉納が3年連続で中止になったことを受け、同校は児童生徒らが地域の伝統芸能に触れる機会を設けようと発表会を企画。諸鈍シバヤ保存会(吉川久也会長)の指導の下、児童生徒らは約1週間猛特訓を重ね、各演目の踊りを学んだ。

 発表会は出演者による楽屋入りで開幕。男子児童生徒が「カマ踊り」「シシキリ」「キンコウ節」などを次々と披露し、力強い演舞を繰り広げた。女子児童生徒によるエイサーもあり、華やかなパフォーマンスで会場を盛り上げた。

 プログラム最後は大太鼓を使った「タカキ山」。練習の成果を発揮した児童生徒らに観客は大きな拍手を送った。定番の六調では会場が一体となって踊り、楽しく交流を広げた。

 吉川会長は「感無量。来年は大屯神社で子どもたちと一緒に諸鈍シバヤができるよう願っています」とあいさつ。出演した生徒(中学2年)は「皆で協力して練習から本番まで取り組めた。シシキリとタカキ山がお気に入り。(継承できて)うれしい」と笑顔で話した。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク