全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

200年前の地酒復活 どぶろく商品「坂野泉」 能代市の伊藤謙商店

荷上場の菊池家が造っていた地酒銘柄を復活させ、4日に販売を開始した「坂野泉」

 能代市二ツ井町の伊藤謙商店が、荷上場に17代続く菊池家が200年前に造っていた地酒「坂野泉(さかのいずみ)」(720㍉㍑、税込み2310円)をどぶろくで復活させ、4日に販売を開始した。古文書を丹念に調べるなど、4年がかりで再現したこん身の新作であり、同店製造技術責任者の伊藤樹さんは「交通の要所、物流の拠点として栄えていた当時の荷上場村の様子を感じてもらいたい」と話している。
 米代川と藤琴川の合流地点に位置する荷上場は、古くから舟運の要所として栄え、荷上場と小繋をつなぐ川船は「一里の渡し」と言われて羽州街道最大の難所だったと伝えられている。荷上場という地名も多くの積み荷を扱ったことに由来するとされ、またかつては加護山精錬所があって大きな集落を形成していた。
 菊池家は荷上場で代々肝煎(きもいり)を務めるなどした名家であるほか、地元では通称「酒屋の家」と呼ばれている。しかし現在は酒は造っておらず、なぜ酒屋の家と呼ばれるのか不思議に思った伊藤さんが調べたところ、大地主であると同時にかつては酒造業を営み、「坂野泉」という地酒を造っていたことを知ったという。伊藤さんはここから「繁栄を誇っていた荷上場の歴史を知り、訪れるきっかけにしてもらいたい」と、「坂野泉」復活を決意。秋田公文書館にも足を運んで文書を丹念に調べ、荷上場の歴史や菊池家の来歴、当時の酒造りのレシピを研究し、4年に及ぶ試行錯誤の末に「坂野泉」をどぶろくで復刻した。
 古文書は解読不明な部分もあって正確な配合は分からなかったが、「昔は今より麹の配合が多く“濃かった”とされ、清酒だったとしても濁り酒に近いものだったはず」と、当時の酒造りの傾向に寄せて仕込み、「濃厚でコメの旨味(うまみ)、コクのあるものになった」と伊藤さん。ラベルは木製で、菊池家に残されていた木彫りの看板を元に書体をそのまま再現するなど、歴史を感じさせるデザインとした。
 伊藤さんは、「荷上場や菊池家の歴史を調べる中、地域で140年続く唯一の酒販売店として、荷上場でかつて造られていた地酒の復活を通して多くの人に荷上場の歴史を知ってもらいたい」と話していた。
 坂野泉の販売は伊藤謙商店でのみ行っている。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク