全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ビート続々 製糖開始 日甜芽室

ビートの受け入れが始まった日甜芽室製糖所

 日本甜菜製糖芽室製糖所(佐藤和彦所長)で17日、今年産のビートを原料とした製糖作業が始まった。管内で収穫されたビートが次々と運び込まれ、砂糖に加工されている。

 芽室製糖所は原料の処理能力が1日8500トンと国内最大の規模を誇る。今年は芽室のほか、帯広、音更、中札内、更別、幕別の6市町村の農家1万4211ヘクタールからビートを受け入れ、24時間態勢で来年5月上旬まで製糖する。

 今年は天候もおおむね安定し、病害も少なかったことから、豊作だった2015年度を超える98万トン程度の収量を見込む。秋の低温で糖分も期待され、砂糖生産高は17万トン程度と、天候に恵まれず落ち込んだ昨年度(12万7330トン)を大きく上回るとみられる。

 今年の製糖は昨年より3日早く開始した。ビートを積んだダンプカーが次々と到着しており、場内で土を洗い流した後、細かく裁断し糖分を抽出して砂糖にする。

 佐藤所長は「原料を大切に使い、高品質で安全安心な砂糖を作りたい」と話している。管内ではホクレン清水製糖工場が18日からの予定。北海道糖業本別製糖所では15日から製糖が始まっている。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク