全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内冬の味覚 「寒ダラ漁」始まる

 庄内浜の冬の底引き網の「寒ダラ(マダラ)漁」が始まった。12日は鶴岡市の由良漁港と鼠ケ関港にそれぞれ100匹ほどが水揚げされた。漁はまだ「走り」の段階だが、8キロ台の寒ダラの入網も見られ、港は活気づいた。今月下旬から2月にかけて漁は本格化する。

 庄内では冬の時期に捕れるマダラを寒ダラと呼んで珍重する。引き締まった身や白子、アブラワタ(肝臓)、アラを一緒に煮込む「どんがら汁」は、庄内の冬を代表する味覚となっている。

 由良漁港では12日昼すぎ、底引き網船6隻が次々と寄港し、ハタハタや紅エビ、マダイ、ズワイガニなどとともに、マダラを水揚げしていた。このうち輝修丸は1匹3―7キロのマダラ約30本を漁獲した。石塚修船長(51)は「5日も出漁したが、タラは狙えなかった。きょうは平均5キロ程度。まだ始まったばかりの“走り”で、初漁は毎年こんな感じだ。本格化するこれからに期待したい。ただ、しけで漁に出られない日が多くなるだけに、なぎの日が続いてくれることを願っている」と話していた。

 鶴岡市加茂の県水産研究所によると、昨年の庄内浜全体の寒ダラ(1―2月)の漁獲量は平年並みの274トンだった。出漁状況にもよるが、今季についても平年並みの水揚げが見込まれている。

底引き網船から丸々と太ったマダラが水揚げされ、今季の寒ダラ漁が始まった=12日午後1時すぎ、鶴岡市・由良漁港

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク