全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

朝暘二小と姉妹校 鹿児島市の大龍小 オンライン授業で先人の徳学ぶ

 鶴岡市の朝暘第二小学校(高野勝彦校長、児童327人)の6年生が6日、姉妹校になっている鹿児島市の大龍小学校(児童363人)の6年生とオンライン授業を行った。両校交流のきっかけとなった西郷隆盛(南洲翁)と、「徳の交わり」を結んだ旧庄内藩中老・菅実秀の2人についてお互いに調べて人物像を掘り起こし、自分たちが目指すべき生き方について「共同宣言」を行った。

 両校は1966年から交流が始まり、68年に姉妹校の盟約を締結した。戊辰戦争後、西郷が庄内藩に寛大な処置を指示したとして、旧藩主らが西郷に学び、後に菅が中心になって西郷の言葉を「南洲翁遺訓」にまとめ全国に配った縁。大龍小は西郷の出生地近くにあり、西郷の教え「敬天愛人」を校訓にしている。両校の交流が発展する形で69年、両市は兄弟都市の盟約を締結している。

 両校は3年ごとに相互訪問し、本来は今年、朝暘二小6年生が大龍小を訪れる予定だった。しかし、新型コロナウイルスの影響で訪問は来年に延期。その代わり、5月から両校6年生が連携し、朝暘二小では南洲神社(酒田市飯森山二丁目)を訪れるなど西郷と菅について調査。人物像を掘り起こし、「もし2人が現代に生きていたら」という想定で、いじめや新型コロナに関する差別など現代の課題にどう向き合うか、目指すべき生き方を考えてきた。

 この日の授業は、鹿児島市内で開かれた全国教育工学研究協議会全国大会の公開授業の一環で行われ、朝暘二小6年1組28人、大龍小6年1組38人が参加。各校4グループが相手校グループとペアを組み、パソコンのオンライン会議システムで「目指すべき生き方」について、「西郷さんのように、自分が持っている力で困っている人を助けたい」「人と喜びや悲しみを分かち合う人になりたい」など発表した。そして、各グループが相手校の意見を集約する形で「平和な日本にするため、みんなに優しくする」「人に対して思いやりの心を持つ」など共同宣言にまとめ発表した。

 朝暘二小6年の鈴木稜真君(11)は「自分の言いたいことはきちんと伝えられたと思う。遠くにいても仲を深められると分かった」と話した。

パソコンを通じ、鹿児島の大龍小児童と対話する朝暘二小の6年生たち

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク