全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

梅の着果状況を調べる日高果樹技術者協議会の調査員(18日、和歌山県みなべ町晩稲で)

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均比の3割弱と、少ない。協議会は「不作だった2020年よりもさらに少ない結果。3月のひょう被害もあり、秀品率も低い厳しい作柄になりそうだ」と懸念している。

 協議会の関係者延べ49人が15~18日に、みなべ町84、印南町11、御坊市6、日高川町17の計118園で調査した。各園に設定している樹木の側枝(直径2センチ)2枝の先についた実を数えた。実太りも調べた。
 その結果、みなべ町・印南町の着果数は過去10年の平均と比べて29%で「少ない」となった。
 地区別でみても、みなべ町の岩代・南部、上南部、高城、清川のいずれもが「少ない」。印南町、御坊市、日高川町でも、日高川町の中津の「並」以外は全て「少ない」となった。
 肥大(果実の長径)については、みなべ町・印南町が22・5ミリで過去10年平均比の101%。1個当たり平均の重さは7・9グラムで111%だった。
 また、3月20日に降ったひょうにより、みなべ町、印南町、日高川町の広範囲で果実に傷が見られた。秀品率の低下が懸念される。
 協議会は5月21日に御坊市と日高川町、22日にみなべ町と印南町で最終の着果調査を予定している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク